[PR] 占い
「マスコミなんてそもそも信用してないが、ここまでとは・・・」
〜毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信〜

 「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。「2ちゃん並というか、2ちゃん以下だな」「毎日ひでえな」毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が過去に配信した記事に、こんな指摘がインターネット上で相次いでいる。その記事の一部だが・・・

■思春期の受験生の集中力を増すために母親はフェラチオで息子の性的欲望を解消する。
■日本人の若い女性はファーストフードを食べると性的狂乱状態になる
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーン(10代)たちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■少女嗜好が発達した日本では、小学校に通うごく普通の少女たちが放課後、売春婦として働いている。
■日本の看護婦たちは通常、病院内にバイブレーターを持参し、仕事柄、アナル開発に興じている。
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る。
■20才から35才の間の日本人の4分の3がセックスの写真やビデオを撮ったことがある
■漁師経験者談;日本人は何とでもセックスをする。
■24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
■六本木のあるレストランでは、コックは食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている
■日本の最新の流行 : 70歳の売春婦
■老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
■ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている
■男色は日本の伝統。八坂神社では女装祭りを行っている
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■横浜の女装祭りはゲイの宣伝になる
■かつてパールハーバーと南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている。
■熱海の伊豆山神社のある木は、屠殺人の木またナギと呼ばれ、その後イザナギと呼ばれた。
■イザナギは神道伝説の神話の神であり、日本列島は彼のこぼした精液から生まれた。

 これらのすべてが外国人記者の署名入りで書かれていた。約5年近くこうした「変態ニュース」を世界に発信し続け、これが海外のブログなどにも転載されており、まさに「変態な日本人」を世界にアピールすることになってしまった。毎日新聞社長室広報担当は、
「ご指摘の英文記事は過去に配信しておりました。ご批判は謙虚に受け止め、削除する措置を取りました」
と回答していている。

 一連の「WaiWai」の記事を巡っては「まとめサイト」まで登場し、毎日新聞社に抗議するよう呼びかけている。そこには、インターネットの匿名性を問題にした同社の『ネット君臨』という書籍の一文を引いて、こんな主張が展開されている。
「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」
 しばらくこのニュースについては観察していたんだが・・・毎日新聞は馬鹿、と言うかそれ以下。これから世界に対して曝した恥をどう取り繕うか、と思ったら、こうだもん。何だこの人達は?
インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

 また、毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。
 だめだ、まともに謝る気すらない。日本を誹謗中傷、更に嘲笑させた毎日新聞には責任はないわけですか、そうですか。おかげで今現在、2ちゃんねる上で過去類を見ないレベルの祭りが・・・w。

 新聞がネットを怖がっているのは分からんでもない。でも、責任は曖昧ではなく、しっかり取れ。何しろ今のマスコミはお偉い会社や人々の広報機関でしかない。例えば、鹿児島県では罪もないのにマスコミで叩かれた福祉施設もある(県が新築許可出さない、と言う嫌がらせさえ受けているようだ、話では)。あれもマスコミが馬鹿な動きをしたから。あれだけじゃなくて、志布志事件とかもあったよね?有りもしないことを報道するのはマスコミの仕事じゃない、でしょ?南日本新聞?

 コメントするよりは、下の絵を見てもらった方が早いね。おいらも同じ気持ちです。真実の報道は日本から無くなった。噂の真相が廃刊して以後はな。


【2008/06/30 23:17 】
| 事件 | コメント(2) | トラックバック(0) |
「何がやりたいんでしょうねぇ?」
〜「介護の日」で意見募集=日付や名称−厚労省〜

 厚生労働省は27日、介護の重要性について広く考えてもらう「介護の日」の制定に向け、日付や推進体制などを検討する有識者会議の初会合を開いた。日付の候補には、もともと「敬老の日」だった「9月15日」などが挙がった。同省は日付と名称について近く一般から意見募集した上で、7月中に決める。

 介護の日の制定は、高齢者や障害者に対する介護の普及・啓発や、要介護者を抱える家族や介護事業に携わる職員を支援することなどが目的。前後1週間ずつを啓発強化期間とし、全国的にイベントなどを実施したい考えだ。
 なんだこりゃ?

 ま、意見募集したいというのならここで言いましょうか、個人的な考え方は。
・日付は6月のどっか。で、必ず祝日扱いであること(介護士にゃ関係ないがな、実際は)。
・介護の普及、啓発のみでどうせ終わるんでしょ?厚生労働省のお偉いお役人のお仕事ですから。で、イベントも天下りの役人が何らかの形で関わるんでしょ?それならこんな日はいらん。
・介護事業に携わる職員を支援するのなら、この日のある月は介護報酬大出血サービスってのはどうだい?その月だけ介護報酬2倍、とかな。で、その増えた分は法律ですべて職員に還元。
・もっと言えば、介護の日に介護に関わるすべての人は国からボーナスとして年間50万円取っ払い支給。財源として足りないなら公務員の馬鹿みたいに高いボーナスをそっちに回すとか。
・それが嫌なら、介護関係者はその日から一週間前後は日本中すべての店で市価の1/100でいくらでも買い物が出来る、とかな。

 結論・・・そんな日作るなら、もっとやることあるだろうが、厚生労働省。
【2008/06/30 22:33 】
| お役人の馬鹿 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「こういうアセスメント方式もあるよ、と言う」
 今日は久しぶりにアプライドやらPCデポに行って、640GBHDDやらCD-Rやら買い込んできました。ボーナスが少なかったので、こんなもんでま、いいかと。で、公務員はあれだけ叩かれつつ平均80万だって?ま、せいぜい県内の経済を潤すためにどんどん無駄なものでも買ってくださいな。とりあえず、おいらはこれまでデータ用のディスクにUBUNTU載せてみようかな、と。無料でいくらでも遊べるもんね〜。以上、無駄話(つーか、本格的にこのブログにアフェリエイト載せてPC代稼いだ方が良いのかしら?)

 で、今回は久々に本職の話。TAI、と言うアセスメントについてです。詳しくはこちらを参照してね。作者である高橋泰先生のインタビューが載ってます。

 実は以前おいらが今日本で使われているアセスメント方式を全解説したレジュメを作ったことがあるんだけど、以下のような特徴があります、ということで作成しました。
=特徴=
・誰でも(極端な話、昨日まで介護の素人だった人間でも)使い方をマスター(マスターも他のツールに比べ、簡単である)すれば、あるレベル以上の包括的高齢者アセスメントが出来る。
・高齢者のイメージ、全体像の把握が容易である。必要であれば、細部の情報も把握できる。
・様式の中に時系列のグラフを作る項目が有り、時系列な変化が判断しやすい。つまり、モニタリングが容易である。
・問題に対する対応策について、上記6つのアセスメントツールはまったくフォローしていない(全てケアマネなり、従事者なりで考えろ、という事らしい)のだが、TAIではその状況に応じ、具体的に記載されている。必要があれば、問題に対する考え方の解説も読むことが出来る。医療ですでに存在している「診断―標準プロトコール(逆引き辞典)」的な面もある。
・短時間でアセスメント、ケアカンファレンスの資料作成が出来る。プラン自体も容易に作れる。
・各状況がイラストで示されており、理解しやすい。アセスメントについて初心者でも簡単に学べる。アセスメントとはどういう事か?という入り口に使うにはうってつけである。
・医学的な情報が少ないため、医療の負担の多い利用者のアセスメントにやや不向きである。また、アセスメントとしてはやや荒さが目立つ面も否定できない(あとはケアマネの実力しだいでどうとでもなる、と言えなくも無い・・・かな?)。

 ということで、このアセスメント方式、ウェルネスケア・ネットワークが「ケアマネくん」と言うソフトを作り、それに実装して使用されているので、ケアマネさんによってはかなり詳しい人もいるのかな?実はおいらもMDSの補助アセスメントとして使ったり、モニタリングに使ったりしていたんですよね。使いやすいから。

 ただねぇ・・・鹿児島には高橋泰先生より学識の高いケアマネがいるようで、「TAIなんて使えない、あれよりはお役人が使っている訪問調査に準じた『アセスメント・ガイドライン方式の方が良い』」と断言したそうです。是非あなたのプランを見せてください、と言いたいですね。神技なプランでも作っているんじゃないんでしょうか?

 うちもこの方式を使いたいのですが、今ケアマネの業務やってないし、それ以前に鹿児島県のNPOが開発したどぎついソフトを使っているからねぇ・・・無理かもしれん。
【2008/06/30 22:05 】
| 介護保険関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「少なくとも鹿児島の介護保険施設には何処も真似できませんね、これ。」
〜グーグルも実践中!「くそったれ社員」排除で収益向上〜

アメリカの人気教授が説く衝撃の組織経営論

 パワハラ上司に、ゴマすり同僚、無気力部下…そんなアスホール(くそったれ社員=イヤな奴)は洋の東西を問わずどんな企業にもいるものだ。ただし、組織の宿命と思ってはいけない。グーグルなど勝ち組企業が、アスホール排除のルールを実践していることをご存知だろうか。スタンフォード大学の人気教授、ロバート・サットン博士は、日本企業も同じ発想を持つべきと説く。

 どんな組織にもアスホール(くそったれ=イヤな奴)はいる。その振る舞いで、周囲の人間を落ちこませ、やる気をそぐような輩だ。じつは、こうしたイヤな奴が企業に多大な損害を強いていることを読者諸賢はご存知だろうか。ある試算によると、イヤな奴が1人存在することより当該企業が被る損害額は、人件費は別として、年間最大16万ドル(約1600万円)にも上る。1人いるだけでも周囲の生産性は落ち、同僚は辞め、特に管理職にいる場合は、深刻な訴訟問題に発展することもある。

 イヤな奴の性格は波及性があるので、周りもイヤな人間になる。いい人のそばにいれば周りもいい人間になるが、イヤな人間の前では誰でもイヤな人間になるというのは、組織行動論でも実証されている傾向だ。それだけではない。日中イヤな奴を相手にしていると、夜帰宅しても妻や子供ら家族との生活に悪影響を与えかねない。効率的に組織を運営するために、そして社会倫理的な観点においても、企業はこうしたイヤな奴の存在を許してはならないのだ。

○イヤな奴には2つのタイプある。

 一時的に感情的になってひどい振る舞いをするテンポラリーアスホール。そして筋金入りのサーティファイド(認定)アスホールだ。発露の仕方はさまざまで、悪質ないじめに始まり、相手の存在を無視したり、政治的な計略を用いて相手を背後から刺すこともある。アメリカの場合は、イヤな奴がたくさんいる業界というのがあって、ハリウッドの映画界はその典型だ。誰もがイヤな上司に仕えてきた経験があって、晴れて昇進した暁には、自分も同じように振舞うのだ。スポーツ界のコーチの世界でも、そうしたアスホールの連鎖がある。

 では、組織からイヤな奴をなくすためには、どうすればいいのか。じつは、この点で、大いに参考になるのがグーグルである。同社の企業理念に「Don't be evil(悪魔になるな)」という有名な言葉がある。むろんそれでも、イヤな奴はいるだろうが、だいたいにおいて「ここでイヤな奴をやっても、仕事の効率化に何ら貢献しない。得することはない」という意識は組織の上下によく行き渡っている。ヒューレット・パッカード(HP)も、昔からイヤな振る舞いを許さない社風のある会社として知られている。これは、他人を礼儀正しく扱った創設者のヒューレットとパッカードの名残だろう。

 しかし、時の企業であるグーグルがこうした社風を持つ意味は大きい。人材獲得競争は、日々世界的に厳しさを増しているが、グーグルが規律あるフレンドリーな雰囲気で優秀な人材を引きつけ、なおかつ急成長を遂げている以上、多くの企業が同様の手法を取るしかないからだ。特にITの世界でグーグルと直接戦っているマイクロソフトやイーベイなどは最近、「The No Asshole Rule」(アスホールの存在を許さないルール)に非常に高い関心を示している。

○“えせスティーブ・ジョブズ”の存在は百害あって一利なし

 IT業界以外に目を移しても、社員の評価に同僚や部下への振る舞いを査定する項目を設ける会社や、入社の契約書にこれに関連した項目を盛り込む会社は増えている。イヤな奴が引き起こす訴訟も増加傾向にあり、米国の産業界は今、この問題に真剣に対処し始めているのだ。日本企業も人材戦略の面でこれからますます国際化を進めるにあたって、この問題を無視できなくなるはずだ。

 最良の解決策はとにかくトップが礼節のある組織にしたいと思い、行動を起すことである。じつは日本で問題になっている「いじめ」は、アメリカにもある。特に軍やフラタニティー(男子学生のクラブ)など、強い文化を持つ組織にありがちなことで、企業でも時折見られる。いじめは、誰かをスケープゴートにして団結心を強める動きで、これを防ぐためにはやはりトップ自らが強い行動に出るしかないと思う。

 むろん、イヤな奴ほど才能があるという反論もあろう。アップルコンピュータのスティーブ・ジョブズCEOはその最たる存在だろう。しかしジョブズ氏はトラブル以上の見返りをもたらすことがわかっているわけで、万人に適用すべき評価軸ではない。一般企業において、「えせジョブズ」の存在は百害あって一利なしであることを忘れてはならない。
 施設職員内のパワハラやセクハラ、自分の地位を守るための組織内工作・・・俺が昔働いていたどこぞの法人はこういう事だらけでした。鬱病になりかけたもんね、おいら。多分死ぬまで忘れられない言葉、その時投げつけられましたよ。「あなたが精神を病もうが、まかり間違って死のうが、私は関係ないわ、それに利用者もね、あんたのことなんかどうでも良い、と思っているのよ!」・・・こんな言葉が吐けるぐらいの人間がやっているんですよ、どっかの法人の主任ケアマネって(ちなみにこれ、子供の誕生日に早く帰りたい、と言ったときに言われた言葉です)。

 おいらだけじゃない、10年以上色々な福祉職員を見ていますが、上司に虐められる、ってのは普通で、同僚から虐められまくって法人内施設をたらい回し、最終的にはそこを辞めて風俗嬢になった娘、とか、バーンアウト症候群になって今は精神病院に通いつつ生活している女性やら・・・もっと酷いケースも知っていますが、ここに書くべきかどうか・・・と言うケースも存在しています。

 介護保険上でこのような動きを止めるように法制化し、明文化してくれ、と切に願う。おいらはもういい。これまで辞めたくないのにこの世界を離れざるをえなくなった人間やら、今辞めようかな、と思っている人間を救って欲しい。ただでさえ給料安いのに、これではますます福祉の世界で働く人間は少なくなってしまう。
【2008/06/28 22:37 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「「疑問には思っていたが、容疑者が怖くて支給を続けていた」・・・チキンめw」
〜生活保護不正容疑で元組員ら逮捕 深谷市「怖くて支給」〜

 埼玉県深谷市の夫婦による生活保護費の不正受給疑惑で、県警は27日午前、生活保護法違反の疑いで、同市上野台、指定暴力団稲川会系元組員で韓国籍の崔鳳海容疑者(60)と、妻育代容疑者(44)の両容疑者を逮捕した。不正受給は5年間で総額約1800万円にのぼり、深谷市は県や県警に対し「疑問には思っていたが、青山容疑者が怖くて支給を続けていた」などと説明しているという。

 調べでは、2人は07年10月、実際には治療も通院もしていないのに、青山容疑者の交通事故によるむち打ち症の治療名目で、自宅から約100キロ離れた群馬県内の接骨院にタクシーなどで通い治療を受けたとする虚偽の申請書を市に提出。生活保護受給者に対する医療扶助や通院の際に支給される交通費(通院移送費)計14万円余りを不正に受け取った疑い。青山容疑者は容疑を認め、崔容疑者は「夫に頼まれて市の福祉事務所などに行っただけ」と否認しているという。

 青山容疑者は、交通事故の保険金として保険会社から2千数百万円を受け取り、受給資格がないにもかかわらず、03年1月に生活保護の受給を申請していた。一方、近所の人の話では、日ごろ、国産高級車を乗り回していた、という。

 同市は2月、同法違反で2人を県警に告発するとともに、支給した生活保護費の全額返還を両容疑者に要求。2人は不正を認めた上で「月々1、2万円ずつ返済したい」などと話していた。
 ・・・つーかさ、昨年の10月に警察に速攻相談していればこんな税金の無駄は無かった筈なんだがねぇ、深谷市の福祉担当よ。で、「恐いから支給を続けた」?呆れてものがいえねぇ。

 じゃ、これからは生活保護支給の申請の場合は、ヤクザのコスプレスレば速攻で支給開始、と言うわけですか?それともそれに在日フラグまで立てれば完璧なのか?

 それに、この福祉担当はいかに仕事してないか、と言うことでもある。福祉をデスクワークだけで済むものと思うなよ、訪問して支給者の状況を見ること、その状況を把握してそれからどうするかある程度の計画を立てるのも仕事じゃなかったっけ?それすら放棄している訳だから・・・。

 福祉施設監査の時ばっか偉そうな面して来てんじゃねーよ。むしろこう言うのを毅然と断るのにその度胸つかえや。これは不正した韓国人も悪いが(韓国人に無駄な生活保護を与えるのも問題じゃない?)、この担当者も退職金返上だ。何のためまともに税金払っているんだ、俺らは?この状況を許していると、若い世代がまともに働く気を無くし、今のスウェーデンのような国粋主義者がどんどん生まれる土台にしかならない。

 え?そう言うことは学校で教えないから大丈夫?
【2008/06/28 22:02 】
| 事件 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ