[PR] 占い
「札幌の道立高 「胸触られた」120人苦情 女生徒 内科検診終了できず」
 札幌市内の道立高校が五月中旬に行った内科検診で、女子生徒約百二十人が「(大学病院から検診の応援に来た三十代の)男性医師に乳房をつかまれた」などと訴えたため、検診を中断していたことが二十九日、分かった。学校側は「丁寧に診たことで誤解された」としているが、一連の混乱で学校保健法が健康診断の期限とする六月三十日までに、検診を終えられない事態となった。

 同校や道教委によると、内科検診は二日間の日程で初日は一年生全員と三年生の半数の計四百五十人が対象。大学病院からの応援医師(協力医)三人と学校医の計四人が診察。協力医のうち男性一人、女性一人が女子生徒を担当した。

 検診後、女子生徒から養護教諭や担任に「(男性の協力医に)右手で聴診器を当てている時に左手で胸をつかまれた」「ブラジャーを外された」などと苦情が続出。

 このため、学校は二日目の検診を延期した上で、この男性医師が診た女子生徒にアンケートを実施。一年生百二十人のうち九十人と三年生の三十四人全員が不快な思いをしたと答えた。

 同日、学校から相談を受けた学校医が、大学病院の医局を通じて男性医師から事情を聴取。その結果
《1》乳房の下部に位置する心尖(しんせん)部の心音を聴くため、ブラジャーを外したり乳房を持ち上げたりした
《2》短時間で行うため、聴診しながら同時に胸郭のゆがみを調べる触診もした
−と判断。これらは正当な医療行為で、他の医師より丁寧に診察したことが誤解を招いたと結論付けた。検診では胸郭の異常を調べることなどが定められており、また、この医師は他校の検診で問題になったことはないという。

 検診の二日後、臨時全校集会で校長が「校内において不安で不愉快な思いをさせ申し訳ない」と謝罪した上で、「(医師は)大学病院勤務で学校検診は不慣れだった」などと説明した。さらに、女子生徒の保護者に家庭訪問などで説明したほか、ショックを受けた女子生徒には専門家によるカウンセリングも行った。

 学校は二十七日に検診を再開したが、学校行事の関係で二年生三百十二人の検診が七月中旬にずれ込むこととなった。

 同校の教頭は、六月末の期限に間に合わなかったことは「申し訳ない」とした上で、「今後は女子生徒の感情に配慮するよう学校医から協力医に事前に話してもらう」と話している。

 また、学校医が「学校のアンケートが混乱を大きくした。正当な医療行為だと生徒や保護者に説明することが先だった」と学校の対応を批判。六月十五日に辞表を提出している。
 ・・・何じゃこりゃ。健康診断に来ているわけだよこの男性医師は。別にセクハラに来ている訳じゃない。なのに、苦情を訴えますか。おいらも聴診器を使ったことがあるけど、あれは布一枚有るだけで聞こえ方がだいぶ変わる。ブラジャー取るのは当然だぞ。まともに聞こえないんだから。

 ものすごくゲスな考え方をすれば、この医師が例えば福山雅治のような顔や雰囲気を持っていればこうならなかっただろうけど、南海キャンディーズの山ちゃんだった、とか。でも、そう言う判断でセクハラ呼ばわりするのも失礼な話なんだがな。

 で、どうして学校サイドが謝るの?で、カウンセリングまで・・・?今の子供の精神はそこまでしないと駄目なの?うちらの頃はそんなフォローはなかったはずなんだがなぁ・・・・。

 診療ではプライベートに立ち入らなければいけないこともある、こんな常識を知らなかった、ではいい大人にはならんぞ・・・。

【2007/06/30 22:32 】
| 医療関係 | コメント(3) | トラックバック(1) |
「おにぎりで窒息、賠償命令 福岡県立病院の80歳死亡で」
 おにぎりを気管に詰まらせて意識不明となり、後に死亡したのは食事の際に看護師が注意を怠ったためとして、旧福岡県立消化器医療センター朝倉病院に入院していた男性=当時(80)=の遺族が、県と担当の女性看護師に計約4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は26日、両者に計約2900万円の支払いを命じた。

 判決理由で永松健幹(ながまつ・たけもと)裁判長は「男性は食事が適切に取れず、病院側にはのみ下しにくいおにぎりを出せば詰まらせる危険性が認識できた」と指摘し、「看護師は約30分も病室を離れ、男性の食事を見守らなかった過失がある」と述べた。

 判決によると、男性は発熱や食欲不振で2003年12月に入院。04年1月12日に夕食のおにぎりを詰まらせ、窒息で心肺停止状態となった。約30分後に発見されたが意識は戻らず、約10カ月後に死亡した。

 県保健福祉部は「主張が受け入れられず残念。判決内容を検討し、関係部署とも協議の上、今後の対応を決定する」としている。同病院は05年に県から地元の医師会へ経営移譲されている。
 確かにこういう事故を起こすことは良いことではない。でも、こういう判例がもしそのまま通ることになれば、うちらもこういう嚥下状況の悪い高齢者の利用を断る、と言う決定をしなければ立ち行かなくなる。ケアプランアセスメントに加え、転倒防止アセスメント、嚥下機能評価、栄養アセスメント、リハビリ実施計画書・・・いくら書類増やせばいいのかすら分からなくなる。そう言う書類を作らないと、施設や法人の自衛が出来ないのだから。

 あと、病院では介護施設ほど食事を重要視しないというか、要介助の高齢者すらほっとく、と言う傾向がありますが、これは鹿児島県だけですか?知ってる病院の何処も看護師や看護助手が介助している姿、まともに見たこと無いんですが・・・

 もうこうなったらだ、看護基準1:1でも生ぬるいんだから、看護基準を5:1(看護師5人に患者一人)とかいうのはどうだろう?それでも人間駄目なときは駄目なんだろうけどさ。でもこの判決、医療福祉従事者虐めでしかないぞ。


【2007/06/28 22:45 】
| 事件 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「鹿県議選買収事件 「会合なし」認める/県警本部長」
 志布志市民12人が無罪となった2003年の鹿児島県議選買収事件について、県警の久我英一本部長は26日の県議会総務警察委員会で「買収会合の証拠がないとした判断(判決)を尊重するのは当然」と答弁し、公判で捜査側が主張した4回の買収会合は存在しないと初めて認めた。

 久我本部長は委員会後、報道陣の「買収会合はなかったと認めるのか」という質問に対し、「証拠上そうだ」と答弁の趣旨を説明した。

 2月の鹿児島地裁判決は、主犯とされた中山信一県議のアリバイを認め、買収会合はいずれも存在しないとして、被告全員に無罪を言い渡した。久我本部長や県警幹部は判決後、記者会見などで「判決を重く受け止める」とだけ述べ、会合が存在したかどうかの認識は示してこなかった。

 委員会では、桐原琢磨委員が「判決通り会合は存在しないとするか、立証が足りなかったとするかでは今後の対応が180度違う」と追及。高岩直樹捜査二課長は従来通り「無罪が確定した以上、申し上げるべきでない」と答弁したが、久我本部長が一歩踏み込んで発言した。

 桐原委員は、同事件に絡む「踏み字」訴訟で、敗訴した県が志布志市のホテル経営男性(61)に支払った損害賠償金60万円について、「男性を取り調べた警部補個人に補てんさせるべき」と指摘。県警側は「判例や他県の事例を参考に検討する」と答えた。

 同委員会には中山県議も委員として出席。事件の捜査費用の総額をただしたが、県警側は「個別事件ごとの費用算出は困難」とした。
 ・・・と言うわけで、現実問題未だに鹿児島県警はこの件について反省が足りないし、事件の当事者への謝罪も無いわけです。有りもしなかったことを、たった一つの戯言で(それも悪意ある)、わざわざ人権無視なことまでやって立証し、最終的には日本中に恥をさらした。志布志事件だけじゃないんじゃないのか?こういう捜査をいくつかの事件でやってるんじゃないか?もうそう疑わざるをえません。

 中渡瀬といい、徳之島といい、この事件といい、どこまで腐りきってるんだ、この地方自治体は?県の借金も実は夕張に負けず劣らず、と言うじゃないか。今度監査が来たときに、行政側にこの件聞いてみようかな?

【2007/06/27 22:36 】
| お役人の馬鹿 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「介護迷走<4>グループホーム」
 介護の現場で働きがいを失い、辞める人は多い。中でもグループホームで働く介護職員の離職率は32%と高い。コムスンはその一例にすぎないが、ギリギリまで追いつめられた青年(29)の場合は−。

 「ほほえみ」。コムスンでは、グループホームにこう名付けている。三階建ての「ほほえみ」で働いていたヘルパー二級の青年は、「一年のうちに同じフロアで六人が辞めていった」と振り返る。

 その施設では、「お客さん」と呼ばれる認知症高齢者が九人ずつ三つのフロアに分かれて、計二十七人が暮らす。フロアには、ケアスタッフが七人か八人いることになっている。とはいえ正職員はフロア責任者の女性と二人。あとは、資格のないパートヘルパーの女性たちだ。

 フロアのお客さん九人に対し、スタッフは日中に三人、夜間は一人だ。だが、働き手の出入りが激しく、募集にも応募がなく、日中は二人しかいない日が多かった。「一日中、掃除、洗濯、食事作りや入浴介助、おむつ交換に追われ、合間にちょこっと、お客さんにかかわるだけ」

 初任給は十六万円。それに夜勤手当と通勤費がついて、毎月の手取りは十七万円。その後働き続けても、ボーナスも昇給もなかった。

 青年が夜勤だった午前五時ごろ、朝食の野菜を刻んでいると、奥の個室で物音がしたような気がした。見に行くと、認知症と脳梗塞(こうそく)の片マヒで足のふらつく女性が、ベッドの下で転倒していた。髪の生え際が赤く、血圧は二〇〇。フロア責任者と家族に電話し、救急車で入院。一日だけで「異常なし」と退院してきた。

 個室の中で起き上がろうとしているのを、一人体制の夜勤で察知するのは不可能だ。「ベッドから足を出したらブザーが鳴るコールマットをつけたらどうか」と青年は提案した。しかし「それより前にできることを考えましょう」と放置された。

 一カ月後の早朝、またもその人の個室からすごい音がした。また転倒していた。再び入院したが異常はなかった。青年は「やはりコールマットが必要」と要請したが、地域の事業所を統括するセンターは「個室が廊下の奥だから間に合わない」との返事。出費を惜しむのだった。

 指示された通り個室をリビング近くに移し、夜中に三回の見回りを、一時間おきにと増やした。その一カ月後、朝食の調理中にまたその人が転倒し、今度は施設長を呼んだ。

 このことが精神的な負担になり始め、青年は一時強引に「コールマットを!」と声高に要求し、スタッフの反感を買った。「夜間、おむつ交換の方法が悪いから、こけるんじゃないの」と言われた。夜は床が冷えている。はだしでは寒いと、靴下をはいてもらっていた。それを「靴下はいたまま寝かせるから、滑ったのよ」となじられたのだ。

 ついにコールマットは実現しなかった。さすがにベッドや車いすに縛り付ける「拘束」はないが、突然、大声を出す利用者を個室に入れ、一声かけるでもなく鍵を掛けたのを見て、悲しかった。厳しい節約令も加わり、「スタッフの働きがいを奪えば、サービスを利用する高齢者の人権と生きがいを奪ってしまう」。

 青年はコムスンを辞めた。尊敬していたフロア責任者の女性の口癖が今も忘れられない。「今のコムスンの状況では厳しいけれど、私たちが頑張らないと。跳ね返りをあびるのは、利用者。だから、私たち頑張ろうよ」
 この記事だけでも、我々介護従事者が置かれている環境がどのように酷いか、が分かります。挙げてみますね。

1.グループホームでの離職率の高さ:グループホームに限らず、介護の職場の離職率の高さは有名です。何しろ介護報酬の低下を始めとした、様々な離職ファクターについては、一般企業より低いと感じています。個人的には。

2.パート勤務のスタッフの多さ:正職員だけでは現在の介護報酬では必要経費すらまかなえないのが現状のグループホームです。以前働いていたグループホームの場合、正職員は1ユニット当たり3名でしたからね。資格?それこそコムスンやニチイなどで3級ヘルパーを取ったスタッフで占められていました。

3.日中は二人しかいない日が多かった:この記事ではさらっと流しているけど、おいおい、これ報酬の減額対象だぞ!しっかり減額して請求しているんだろうね?最低グループホームの場合、ローテーションを考えれば1ユニット当たり7名は必要。 

4.一日中、掃除、洗濯、食事作りや入浴介助、おむつ交換に追われ、合間にちょこっと、お客さんにかかわるだけ:これはグループホームという施設体系の長所でもあり、欠点でもあります。こういう家事の出来るレベルの認知症患者の入所であればいいのですが、現状は「スタッフが自ら料理を作成する老人保健施設」ですからね。本来いないであろう要介護4〜5の認知症患者が押し込められている、でも事業所も行政もそれで良しとしている・・・?疑問に思わない福祉従事者、あなたたちのことを福祉馬鹿と言うんです。

5.「ベッドから足を出したらブザーが鳴るコールマットをつけたらどうか」と青年は提案した。しかし「それより前にできることを考えましょう」と放置された。:このケースの当事者でないから分からないけど、しっかりこの転倒についての原因究明と転倒アセスメントを行いましたか?実はうちの施設でも最近転倒事故が続いており、今日事故予防委員会の担当にこのpdfを渡してきた所です。転倒アセスメントを取り、偉そうに説教した事務長の鼻をあかしてやれ、ってね。こういうケースの場合は必要でしょうね、正直。そこで金を惜しむことで事故を再び起こす、そのリスクやそこでかかる経費などの軽減という意味でも必要。このスタッフ、決して間違ったことは言ってません。

6.このことが精神的な負担になり始め、青年は一時強引に「コールマットを!」と声高に要求し、スタッフの反感を買った。:こう言うのはたいてい長くその施設にいて、主みたいなババァでしょ?こういうスタッフに押されてはいけません。環境を変えようとしても無理で、そのババァの考え通りに日々が流れる。福祉施設はどこもゴネ得施設です(光市の殺人事件の弁護団より酷いのもいるぞ)。そうでなければ一部のスタッフの独裁か、ね。これだから一般企業から流れてきた人間は違和感を覚えるんだろうね。それを打破する方法?そいつら以上のの知識(インテリジェンス)を身につけることと、入居者やその家族を味方に付けることだろうね。施設内政治には参加する必要はないけどさ。

7.スタッフの働きがいを奪えば、サービスを利用する高齢者の人権と生きがいを奪ってしまう。:それを奪ってる大本が厚生労働省であり、地方自治体である。この認識がありますか?福祉従事者の皆様?ゴネ得ババァも広い視線から見れば、その施設内では威張ってられるけど、厚生労働省の視点ではではたった一つの駒。駒をどう扱おうが勝手だ、と言わんばかりですからね。彼らは働きがい何て考えてませんって。福祉の仕事は偏差値40以下がなるものだ、ぐらいの思考回路しかないんですから。働きがいや待遇が悪ければ、サービス内容が下がるのは当然。現在の介護報酬を完全に見直すべきだ、といつも言っているのはこういう事です。

8.厳しいけれど、私たちが頑張らないと。跳ね返りをあびるのは、利用者。だから、私たち頑張ろうよ:福祉従事者の特徴として「一生懸命働く、努力する人ほど燃え尽きるのが早い。適度にやっている人も燃え尽きる。福祉一般については何の努力もせず、施設内政治やゴネるのに長けた連中だけが残る」、
こうではないでしょうか?要は本当に必要な人材は流出、悪貨が良貨を駆逐、そうなっちゃうんですよね。一般企業でもブラックな所はそうでしょうけどね。

 「体はホットに、頭はクールに動かしなさい。燃え尽きないよう押さえるところは押さえなさい。仕事だけでなく、家庭の方をむしろ大事にしなさい」福祉従事者の働き方はこれで良いと思います。それを無理することでしか稼げないようになっているから・・・・

 介護は迷走してません、既に崩壊中です。でもこれ以上崩壊させないようにはやっていきたいです。



 
【2007/06/27 17:48 】
| 介護保険関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「社保庁職員、賞与返納しなければ…再雇用拒否も 官房長官示唆」
 塩崎恭久官房長官は26日午後の記者会見で、年金記録漏れ問題の責任を取るため、政府が社会保険庁全職員に夏季賞与の一部を自主返納するよう求めたことに関連、仮に返納に応じない場合は、同庁を廃止・解体して平成22年に発足させる方針の「日本年金機構」への再雇用を拒否することもあり得るとの考えを示唆した。
 塩崎さん、それは自主返納とは言いません。

 ただ、これだけで国民の許しを得られる、と言うことや、参院選を乗り切れる、と言う馬鹿な考え方は止めていただきたい。年金の件や、住民税の件で国民の怒りは頂点に達しているし、今回の参院選はそのことが如実に表れると思うからね。

 個人的には、全額返納どころか、10年分の賞与を全額返納でも許せないところだ。介護保険施設や事業所には完璧であることを求めている役所がこの姿勢で、そんでもって監査を厳しくしつつある現状はとても許せるものではないからね。

 こういう単純なパフォーマンスでどうにかなる、というレベルを既に超越しているんですけどね、現状は。



【2007/06/27 01:59 】
| 社会保障 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ