[PR] 占い
「普通に行われています、日本という国ではね。」
〜“合格”の10人不合格に 教員採用汚職〜

 コネ、カネなしなら減点も―。教員採用試験をめぐる汚職事件の捜査が進むにつれ、試験制度が完全に形骸(けいがい)化し、口利きとわいろにむしばまれていた実態が明らかになってきた。

 関係者によると、直近の二〇〇八年度の小学校教員採用試験における不正の手口はこうだ。

 当時、県教委義務教育課の人事班の総括だった江藤勝由容疑者(52)は一次試験の終了後、採点結果を集計した成績一覧表を作成。これを上層部に提出すると、口利きなどによって、不正工作を依頼されている受験生に「印」が付き、江藤容疑者の手元に一覧表が戻ってくる。

 同年度、不正工作を依頼されていたのは二十人前後。江藤容疑者は「印」が付いた人物の得点を加点し、合格できるよう便宜を図っていたという。

 一次、二次の両試験でそれぞれ十五人ほどが加点を受けたとみられる。特に、試験の出来が悪かった数人は一次、二次の両試験で加点を受けた。江藤容疑者は「加点によって、実際には合格していたはずの十人ほどを不合格にした」と話しているらしい。

 改ざんはこれだけにとどまらない。「加点ばかりすると、不自然に平均点が上がり、怪しまれる」として、依頼を受けていない受験者の得点を減点したケースもある。このような巧妙な手法がいつごろから行われていたのか、捜査機関は強い関心を寄せている。

 前年度の試験でも同じような構図で不正が行われた可能性が高く、この試験をめぐり収賄容疑で逮捕された当時の県教委参事兼教育審議監で由布市教育長の二宮政人容疑者(61)は、江藤容疑者に十数人の具体的な名前を挙げ、合格させるよう指示したという。試験は一次、二次合わせて千点満点で、五十点以上の水増しを受けた受験生もおり、江藤容疑者は「(指示があれば)零点(の項目)でも加点した」と話しているという。

 関係者は「何でもあり。めちゃくちゃだ。試験制度が全く機能していない」と憤る。江藤容疑者が作成した〇八年度試験の成績一覧表をチェックする立場にあった三人の上司は「全く聞いたことのない話だ」と、いずれも関与を否定している。
 あれ?こういう話って鹿児島県の教育委員会でも普通じゃなかったっけ?何か高校の三者面談の時に聞いたことあるぞ。「教育学部系の大学から教員になるならお前は簡単だ、親も教員だからな」って。冗談?その時の担任の目はマジだったが。

 鹿児島県も実は2世教員ってのは相当います。上の話が冗談だったとしても、何もない、とは思えないんですよね。公務員も2世が相当多いし、うちの自治体の合併前の場合は職員の半分以上が2世という状況、しかも某一族が一大勢力を持って人事をかき回していたような状況ですから。だから、この報道についてはへぇ、こんなことも汚職なんだ〜、確かにそうだけど、普通じゃん?と思ってしまった。

 ええ、日本の社会はコネと金と学閥(鹿国大コネクション、と言うのが鹿児島の福祉業界にはあります。くっだらねぇけどな)が支配していますから。だから世界での経済力がここまで下がったの。そう言う個人の本当の実力を認めない報いだろうね、この状況は。ま、公務員のコネ、金採用、まだまだやっといてください。亡国してから反省すればいいだろう。

 そんな社会では本当に実力を持った人間が埋もれてしまうだけ。世界はそんなに甘くはない。
【2008/07/09 22:56 】
| 事件 | コメント(2) | トラックバック(0) |
「本当なのかねぇ・・・」
〜宇都宮市の保育園園児虐待疑惑:「不適切な処遇」認定 保育園に改善勧告〜

 宇都宮市東部の私立保育園を巡り、宇都宮市議会の西房美議員が6月定例議会で「職員が園児を虐待した疑いがある」と指摘した問題で、市は7日、児童虐待防止法に定める虐待は認められないが、「不適切な処遇があった」として、同園に対し児童福祉法に基づく改善勧告を行った。

 市によると、6月20日〜7月3日、職員や元職員計26人に聞き取り調査をしたところ、一部の職員が、泣きやまない子の両足を持って逆さにする▽ 言うことを聞かない子の両脇を抱え、「洗濯機に入れるぞ」と言う▽靴をうまく履けない子の背中を足で押す−−などの行為をしていた、との証言を得たという。

 ただ同園の園長はこうした行為はなかった、と主張している。また、保護者からの聞き取りでも虐待の事実は確認できなかった。市は、園長や職員間の意思疎通を図ることなどを求め、31日までに改善計画書を提出させる。
 なんかねぇ、もう精神的にすれちゃってるんかな、と言うか、こういうニュースを鵜呑みに出来るほど人間出来てないんだよね、おいら。こういう内部告発で有りもしないことをマスコミにかぎつけられて酷い目にあった人間や施設いくつも知っているからさぁ。

 もしこういう事があったのであればここの園長もまともに謝罪すべき(ただ謝罪する対象は利用している幼児やその親であり、自治体やマスコミではないことには注意)。でもねぇ、その後の報道を聞いていると、どうも元々働いていた保育士の私恨ではないか、と思うわけですよ。そう言う話は保育園だけでなく、高齢者福祉施設にも結構転がっているからねぇ・・・。

 いつも思うんだけど、それだけの内部告発するのであれば、テレビとかで告発者は顔かくすなよって。あのぼかしやモザイク、ヘリウム吸ったような声が、どんなに真実を語ろうが嘘くさく思えてしまうんだよね・・・。こう思っているのはマスコミ人の中にもいるようで。

〜リポーターと鳥越がバトル! 「顔隠し告発」ダメなのか〜
 
ダブルスーツといえば、番組のリポーター、井口成人の代名詞。しかし、今日はシングルではないか。これはクリープを入れないコーヒーどころでは済まない。コーヒーを買いにいつもの珈琲店に行ったら、その店が閉まっていて、店主は夜逃げしたと知ったぐらいのガッカリ感である。疑うわけじゃないけど…

まあそれでも、いつもの武闘派ぶりは健在だった。保育園児の虐待が行われているという宇都宮市の保育園に赴くと、「話をしてくださいよ」とドスを利かせて園関係者に迫り、元職員の告発証言を聞けば、「えー!?」と驚きの大声を上げる。

そんな井口に「井口さんの取材を疑問視してるワケじゃないんだけど」と言いつつ、喧嘩を売る鳥越俊太郎。「告発する側は顔を出してない」。これじゃ気持ちが通じない。「真実を言うんだったら、顔を出して証言してほしい」。こちらもお馴染み、「実名顔出し主義」である。

「鳥越さん、それは無理ですよ」。直情径行な井口はムッとした表情を隠さない。「それだったら、組織団体の問題は表に出てこなくなりますよ!」。レベルメーターも振り切れんばかり。

鳥越も譲らない。「でも、音声も変えてるし、言ってることがどこまで本当なのか、と疑問を持ってしまう」

ただ、リアリティが欠如する原因は、なにも匿名証言者だけではないだろう。たとえばリポーターの劇画的、コント的な言動とか……。
 マスコミもこういう話があるとすぐ飛びついて報道するくせに、鳥越氏の言うような矛盾点には何の疑問も抱かないんだ。

 確証あっての報道なら良いよ。でもさぁ、世間には殆ど言いがかりでマスコミにないはずの虐待を報道され、世間から馬鹿にされている施設だってある(レベル的にはその辺の特養や老健を遙かに超える、もしそう言うところに移ったら即主任レベルの職員がわんさといるのに、だ)。でも、その真実は報道しない・・・。この宇都宮の保育園もそうだったら、マスコミ各社は責任取るんですか?

 芳草園もブルークロスも責任取ってないから、無理だろうけどな。

 本音を言えば、小さい子の場合、虐待としつけの意味合いが難しいとも思う。そう言うしつけをやってこない子供が電車やバスの中、静かにしなければいけないところで暴れているのを怒っても虐待でしょ?うちの子はそうしないようにしっかりやっているつもりだけど・・・

 実際、この事件、裏がありそうで・・・。まともに信用してません。不適切なのは実は保育園ではなく、議員や行政、モンスターペアレントの皆さんだとしたら・・・。
【2008/07/09 22:36 】
| 事件 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「マスコミなんてそもそも信用してないが、ここまでとは・・・」
〜毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信〜

 「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の『ロリータ』漫画キャラクターで内実が明らかに」――なんと毎日新聞の英語版サイトでこんな驚くべき記事が配信されていた。中には「六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」という、目も当てられなくなるような「変態ニュース」もある。これらの記事は国内だけでなく、海外のネット上でも話題になっていた。「2ちゃん並というか、2ちゃん以下だな」「毎日ひでえな」毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が過去に配信した記事に、こんな指摘がインターネット上で相次いでいる。その記事の一部だが・・・

■思春期の受験生の集中力を増すために母親はフェラチオで息子の性的欲望を解消する。
■日本人の若い女性はファーストフードを食べると性的狂乱状態になる
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーン(10代)たちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■少女嗜好が発達した日本では、小学校に通うごく普通の少女たちが放課後、売春婦として働いている。
■日本の看護婦たちは通常、病院内にバイブレーターを持参し、仕事柄、アナル開発に興じている。
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る。
■20才から35才の間の日本人の4分の3がセックスの写真やビデオを撮ったことがある
■漁師経験者談;日本人は何とでもセックスをする。
■24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
■六本木のあるレストランでは、コックは食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている
■日本の最新の流行 : 70歳の売春婦
■老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
■ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている
■男色は日本の伝統。八坂神社では女装祭りを行っている
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■横浜の女装祭りはゲイの宣伝になる
■かつてパールハーバーと南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている。
■熱海の伊豆山神社のある木は、屠殺人の木またナギと呼ばれ、その後イザナギと呼ばれた。
■イザナギは神道伝説の神話の神であり、日本列島は彼のこぼした精液から生まれた。

 これらのすべてが外国人記者の署名入りで書かれていた。約5年近くこうした「変態ニュース」を世界に発信し続け、これが海外のブログなどにも転載されており、まさに「変態な日本人」を世界にアピールすることになってしまった。毎日新聞社長室広報担当は、
「ご指摘の英文記事は過去に配信しておりました。ご批判は謙虚に受け止め、削除する措置を取りました」
と回答していている。

 一連の「WaiWai」の記事を巡っては「まとめサイト」まで登場し、毎日新聞社に抗議するよう呼びかけている。そこには、インターネットの匿名性を問題にした同社の『ネット君臨』という書籍の一文を引いて、こんな主張が展開されている。
「『ネット君臨』も書いている通り、ネットによって『一度つけられた傷は簡単には回復しない』(P76)のだ。日本国全体につけられた汚名に対し、いったい毎日新聞はどのような責任を取るつもりなのだろう」
 しばらくこのニュースについては観察していたんだが・・・毎日新聞は馬鹿、と言うかそれ以下。これから世界に対して曝した恥をどう取り繕うか、と思ったら、こうだもん。何だこの人達は?
インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

 また、毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。
 だめだ、まともに謝る気すらない。日本を誹謗中傷、更に嘲笑させた毎日新聞には責任はないわけですか、そうですか。おかげで今現在、2ちゃんねる上で過去類を見ないレベルの祭りが・・・w。

 新聞がネットを怖がっているのは分からんでもない。でも、責任は曖昧ではなく、しっかり取れ。何しろ今のマスコミはお偉い会社や人々の広報機関でしかない。例えば、鹿児島県では罪もないのにマスコミで叩かれた福祉施設もある(県が新築許可出さない、と言う嫌がらせさえ受けているようだ、話では)。あれもマスコミが馬鹿な動きをしたから。あれだけじゃなくて、志布志事件とかもあったよね?有りもしないことを報道するのはマスコミの仕事じゃない、でしょ?南日本新聞?

 コメントするよりは、下の絵を見てもらった方が早いね。おいらも同じ気持ちです。真実の報道は日本から無くなった。噂の真相が廃刊して以後はな。


【2008/06/30 23:17 】
| 事件 | コメント(2) | トラックバック(0) |
「何がやりたいんでしょうねぇ?」
〜「介護の日」で意見募集=日付や名称−厚労省〜

 厚生労働省は27日、介護の重要性について広く考えてもらう「介護の日」の制定に向け、日付や推進体制などを検討する有識者会議の初会合を開いた。日付の候補には、もともと「敬老の日」だった「9月15日」などが挙がった。同省は日付と名称について近く一般から意見募集した上で、7月中に決める。

 介護の日の制定は、高齢者や障害者に対する介護の普及・啓発や、要介護者を抱える家族や介護事業に携わる職員を支援することなどが目的。前後1週間ずつを啓発強化期間とし、全国的にイベントなどを実施したい考えだ。
 なんだこりゃ?

 ま、意見募集したいというのならここで言いましょうか、個人的な考え方は。
・日付は6月のどっか。で、必ず祝日扱いであること(介護士にゃ関係ないがな、実際は)。
・介護の普及、啓発のみでどうせ終わるんでしょ?厚生労働省のお偉いお役人のお仕事ですから。で、イベントも天下りの役人が何らかの形で関わるんでしょ?それならこんな日はいらん。
・介護事業に携わる職員を支援するのなら、この日のある月は介護報酬大出血サービスってのはどうだい?その月だけ介護報酬2倍、とかな。で、その増えた分は法律ですべて職員に還元。
・もっと言えば、介護の日に介護に関わるすべての人は国からボーナスとして年間50万円取っ払い支給。財源として足りないなら公務員の馬鹿みたいに高いボーナスをそっちに回すとか。
・それが嫌なら、介護関係者はその日から一週間前後は日本中すべての店で市価の1/100でいくらでも買い物が出来る、とかな。

 結論・・・そんな日作るなら、もっとやることあるだろうが、厚生労働省。
【2008/06/30 22:33 】
| お役人の馬鹿 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「こういうアセスメント方式もあるよ、と言う」
 今日は久しぶりにアプライドやらPCデポに行って、640GBHDDやらCD-Rやら買い込んできました。ボーナスが少なかったので、こんなもんでま、いいかと。で、公務員はあれだけ叩かれつつ平均80万だって?ま、せいぜい県内の経済を潤すためにどんどん無駄なものでも買ってくださいな。とりあえず、おいらはこれまでデータ用のディスクにUBUNTU載せてみようかな、と。無料でいくらでも遊べるもんね〜。以上、無駄話(つーか、本格的にこのブログにアフェリエイト載せてPC代稼いだ方が良いのかしら?)

 で、今回は久々に本職の話。TAI、と言うアセスメントについてです。詳しくはこちらを参照してね。作者である高橋泰先生のインタビューが載ってます。

 実は以前おいらが今日本で使われているアセスメント方式を全解説したレジュメを作ったことがあるんだけど、以下のような特徴があります、ということで作成しました。
=特徴=
・誰でも(極端な話、昨日まで介護の素人だった人間でも)使い方をマスター(マスターも他のツールに比べ、簡単である)すれば、あるレベル以上の包括的高齢者アセスメントが出来る。
・高齢者のイメージ、全体像の把握が容易である。必要であれば、細部の情報も把握できる。
・様式の中に時系列のグラフを作る項目が有り、時系列な変化が判断しやすい。つまり、モニタリングが容易である。
・問題に対する対応策について、上記6つのアセスメントツールはまったくフォローしていない(全てケアマネなり、従事者なりで考えろ、という事らしい)のだが、TAIではその状況に応じ、具体的に記載されている。必要があれば、問題に対する考え方の解説も読むことが出来る。医療ですでに存在している「診断―標準プロトコール(逆引き辞典)」的な面もある。
・短時間でアセスメント、ケアカンファレンスの資料作成が出来る。プラン自体も容易に作れる。
・各状況がイラストで示されており、理解しやすい。アセスメントについて初心者でも簡単に学べる。アセスメントとはどういう事か?という入り口に使うにはうってつけである。
・医学的な情報が少ないため、医療の負担の多い利用者のアセスメントにやや不向きである。また、アセスメントとしてはやや荒さが目立つ面も否定できない(あとはケアマネの実力しだいでどうとでもなる、と言えなくも無い・・・かな?)。

 ということで、このアセスメント方式、ウェルネスケア・ネットワークが「ケアマネくん」と言うソフトを作り、それに実装して使用されているので、ケアマネさんによってはかなり詳しい人もいるのかな?実はおいらもMDSの補助アセスメントとして使ったり、モニタリングに使ったりしていたんですよね。使いやすいから。

 ただねぇ・・・鹿児島には高橋泰先生より学識の高いケアマネがいるようで、「TAIなんて使えない、あれよりはお役人が使っている訪問調査に準じた『アセスメント・ガイドライン方式の方が良い』」と断言したそうです。是非あなたのプランを見せてください、と言いたいですね。神技なプランでも作っているんじゃないんでしょうか?

 うちもこの方式を使いたいのですが、今ケアマネの業務やってないし、それ以前に鹿児島県のNPOが開発したどぎついソフトを使っているからねぇ・・・無理かもしれん。
【2008/06/30 22:05 】
| 介護保険関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム| 次ページ