[PR] 占い
「普通に行われています、日本という国ではね。」
〜“合格”の10人不合格に 教員採用汚職〜

 コネ、カネなしなら減点も―。教員採用試験をめぐる汚職事件の捜査が進むにつれ、試験制度が完全に形骸(けいがい)化し、口利きとわいろにむしばまれていた実態が明らかになってきた。

 関係者によると、直近の二〇〇八年度の小学校教員採用試験における不正の手口はこうだ。

 当時、県教委義務教育課の人事班の総括だった江藤勝由容疑者(52)は一次試験の終了後、採点結果を集計した成績一覧表を作成。これを上層部に提出すると、口利きなどによって、不正工作を依頼されている受験生に「印」が付き、江藤容疑者の手元に一覧表が戻ってくる。

 同年度、不正工作を依頼されていたのは二十人前後。江藤容疑者は「印」が付いた人物の得点を加点し、合格できるよう便宜を図っていたという。

 一次、二次の両試験でそれぞれ十五人ほどが加点を受けたとみられる。特に、試験の出来が悪かった数人は一次、二次の両試験で加点を受けた。江藤容疑者は「加点によって、実際には合格していたはずの十人ほどを不合格にした」と話しているらしい。

 改ざんはこれだけにとどまらない。「加点ばかりすると、不自然に平均点が上がり、怪しまれる」として、依頼を受けていない受験者の得点を減点したケースもある。このような巧妙な手法がいつごろから行われていたのか、捜査機関は強い関心を寄せている。

 前年度の試験でも同じような構図で不正が行われた可能性が高く、この試験をめぐり収賄容疑で逮捕された当時の県教委参事兼教育審議監で由布市教育長の二宮政人容疑者(61)は、江藤容疑者に十数人の具体的な名前を挙げ、合格させるよう指示したという。試験は一次、二次合わせて千点満点で、五十点以上の水増しを受けた受験生もおり、江藤容疑者は「(指示があれば)零点(の項目)でも加点した」と話しているという。

 関係者は「何でもあり。めちゃくちゃだ。試験制度が全く機能していない」と憤る。江藤容疑者が作成した〇八年度試験の成績一覧表をチェックする立場にあった三人の上司は「全く聞いたことのない話だ」と、いずれも関与を否定している。
 あれ?こういう話って鹿児島県の教育委員会でも普通じゃなかったっけ?何か高校の三者面談の時に聞いたことあるぞ。「教育学部系の大学から教員になるならお前は簡単だ、親も教員だからな」って。冗談?その時の担任の目はマジだったが。

 鹿児島県も実は2世教員ってのは相当います。上の話が冗談だったとしても、何もない、とは思えないんですよね。公務員も2世が相当多いし、うちの自治体の合併前の場合は職員の半分以上が2世という状況、しかも某一族が一大勢力を持って人事をかき回していたような状況ですから。だから、この報道についてはへぇ、こんなことも汚職なんだ〜、確かにそうだけど、普通じゃん?と思ってしまった。

 ええ、日本の社会はコネと金と学閥(鹿国大コネクション、と言うのが鹿児島の福祉業界にはあります。くっだらねぇけどな)が支配していますから。だから世界での経済力がここまで下がったの。そう言う個人の本当の実力を認めない報いだろうね、この状況は。ま、公務員のコネ、金採用、まだまだやっといてください。亡国してから反省すればいいだろう。

 そんな社会では本当に実力を持った人間が埋もれてしまうだけ。世界はそんなに甘くはない。
【2008/07/09 22:56 】
| 事件 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<本当なのかねぇ・・・ | ホーム | 4年以上前のおいらの努力は無駄ですか、そうですか。>>
コメント
官僚体制が官僚のためにあるように、教育体制は教員のためにあるのです。ただ教員の場合はマスコミに露出する知識人でもあるからこの真実が絶対言論化されないのです。
【2008/07/10 23:46】
| URL | はこにわ #- [ 編集] |
y-burnさんオッハーです^^

公務員の常識は全国共通だねえ(笑)

こちらかにしてみたら、とんでもない非常識だけど・・。

「今度は何処が犠牲になるか」なんて相談してたりして・・・・・大分だけ悪いなんて誰も信じちゃ居ないのに必死だよネエ敵も(笑)
【2008/07/11 06:33】
| URL | nakayosi #- [ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yburn.dtiblog.com/tb.php/642-cc7368e3
| ホーム|