[PR] 占い
「中国餃子で中毒計10人に いずれも同一輸入業者、メタミドホス検出」
 中国産の冷凍ギョーザを食べた一家5人が食中毒症状を訴え入院、ギョーザのニラから農薬成分が検出された問題で、同社輸入の冷凍ギョーザを食べて中毒症状に陥った人が他に千葉県内で2人、兵庫県内で3人いることが、厚生労働省の調査などで分かった。

 いずれも「ジェイティフーズ」(東京都品川区)が中国から輸入した冷凍ギョーザ。兵庫のケースでも、パッケージの内側から千葉のケースと同一の農薬成分が検出された。千葉、兵庫県警は中国での製造時に有毒成分が混入したまま消費者に流通した疑いもあるとみて、殺人未遂や業務上過失傷害などの容疑で捜査を開始、流通・販売ルートを調べている。

 警察当局や厚労省の調べなどによると、千葉県市川市の一家5人が今月22日午後8時ごろ、自宅で夕食として中国産の冷凍ギョーザ餃子を食べたところ、下痢や吐き気などをもよおし、病院に収容された。その後、県警で一家が食べた餃子を鑑定したところ、有機リン系薬物「メタミドホス」が検出された。

 農水省によると、メタミドホスは海外では農薬として使われているが、日本国内では農薬として登録されておらず、製造販売もされていない殺虫剤だという。

 県警によると、餃子はCO・OP冷凍食品「手作り餃子40個入り(560グラム)」(399円)で、原産国は中国。昨年10月20日に製造され、ジェイティフーズが輸入・販売し、賞味期限は今年10月20日までだった。

 5人は現在も入院中で、うち5歳の女児が重体という。

 今月5日には、夕食で同社が中国から輸入・販売した「手包みひとくち餃子20個入り」を食べた後、嘔吐や下痢の症状を訴えて病院に搬送され、10日間から2週間入院した。

 このギョーザのパッケージからメトミドホスが検出された。

 また昨年12月28日に同社販売の冷凍ギョーザを購入し、その後食べた千葉市稲毛区の家族2人が嘔吐、下痢症状を起こしていたことも新たに判明した。

 警察当局によると、被害が出た3件の全製品に、同種の製品を生産する場合の生産単位を示す同一のロット番号が記されていた。ギョーザのパッケージには穴があけられた跡などは見あたらず、中国での製造段階でメタミドホスが混入した疑いが強いとみているもようだ。

 東京都と品川区は30日、ジェイティフーズに対し、関係する冷凍ギョーザの回収を指示した。厚労省など関係当局は、被害がこの10人以外にも拡大する可能性があるとみて、調査を進めている。
 この事件、根本的なことを言わせてもらえば、日本の食糧自給率の低さが問題だと思うんですが。反日思想を持っている中国で国民にとって大事なものを作らせていること自体危険だ、そう言う発想は出来ないんでしょうか?

 それにこの毒物、調べてみたらサリンの仲間だ、と言うではないですか。農薬レベルの話ではなく、もしかしたら工場でわざと・・・ありえるから恐いわ。前も韓国で「毒入り餃子」ならぬ「生ゴミ餃子」事件があったからなぁ。

 もう安価な、中国産の食品は信用できない、となると、家庭菜園を含めた地産地消を図るか、異常なまでエンゲル係数を上げるかしかないんだが。そうなると、都会は不利。こう言うときに、田舎で良かった、とつくづく思うわ。

 とか書いていたら、うちの冷蔵庫にcoopのチルド餃子が。ギョッとしてうちの嫁さんに聞いたら、
「あ、あなたが餃子に限らず、食べ物にうるさいから、下手なもの買えないでしょ?国産だよ、これw」
・・・確かにそうでした。こういうこだわりが良いかどうかは別として、ま、助かったかな。
【2008/01/31 22:46 】
| 事件 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「依然深刻な残業代未払い 飲食業界だけでなく他業界でも」
 正社員の店長を、時間外手当の支払い対象外の「管理監督者」として扱い、残業代などを支払わないケースは、マクドナルドなど外食産業やコンビニだけでなく、多くの業界で深刻な問題となっている。

 紳士服大手のコナカ(横浜市)は今月、元店長の男性に未払い残業代約690万円を支払うことで合意。同社は、店長を「管理監督者」として残業代を支払っていなかったが、昨年6月に労基署の指導を受け、支払いを始めている。

 家電量販店大手エディオン傘下の「ミドリ電化」(兵庫県尼崎市)も昨年末、「管理監督者」の範囲を見直し、店長などの職種を対象から外した。同社は、「管理監督者」とした社員678人の残業代計15億5400万円が未払いだった。

 ファストフードやコンビニでは、残業代未払い問題はより深刻だ。店の運営がバイト主体になりがちなため、店長の負担が大きくなり、長時間労働を強いられることが多いためだ。

平成18年には、これまで労働組合のなかった日本マクドナルドや日本ケンタッキー・フライド・チキンで相次いで労組が結成され、労働条件の改善を求めて交渉している。だが依然として、店長は「管理監督者」のままだ。

 個人加盟の労働組合「東京管理職ユニオン」には、ファストフードやコンビニの店長からの相談が多数寄せられている。「会社への遠慮からか匿名の相談が多いが、今回の裁判の行方に期待するという声が多い」という。

 こうした状況に、労働問題に詳しい棗(なつめ)一郎弁護士は「中間管理職への残業代をカットできるという経営者側の思惑が大きい。ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間規制の適用除外)の導入にもつながりかねない」と批判する。
 鹿児島の福祉施設ではこういう残業不払いは当たり前、自分の趣味を持つことすら駄目だ、と言う馬鹿なお偉いさんまでいるのが実情なだけに、この裁判はおいらも注目しています。

 滅私奉公?それを強制したからこその今の高齢者医療・福祉の現状だろうが。非国民通信さんも同じ考え方だが、自分を捨てて働く、というのは幸せではない。地獄で釜ゆでにされた方が幸せじゃないのか。働いただけの報酬を保証されない、と言うのもおかしいしね。

 残業代を払わない、と言うことに代表される、労働者を駒以下の扱いしかしない企業は、すべて潰れてもかまわない、と思う。
【2008/01/31 22:16 】
| パワハラ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「「人間の尊厳を傷つけかねない」 フジ「江原」番組をBPO「断罪」」
民放とNHKでつくる「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会は2008年1月21日、フジテレビの番組内で「スピリチュアル・カウンセラー」江原啓之さんが登場した企画の一部内容について「制作上の倫理に反するものと判断する」とした委員会決定意見を発表した。検証委は「一方的に『スピリチュアル』といった非科学的なカウンセリングを押し付けていいものか」とも問題点を指摘した。

「霊能師ありきの企画・構成並びにショーアップ」
審議対象は、フジテレビのバラエティー番組「FNS27時間テレビ『ハッピー筋斗雲』」(07年7月放送)内の企画。東北の美容院経営の女性が被災者にリンゴを贈る活動を取り上げた上で、江原氏が「突然」登場し、「女性の亡き父」からのメッセージとして女性の活動を「美容院経営をおそろかにしているもの」との趣旨などで批判的に取り上げた。放送後に女性は同局に抗議した。

J-CASTニュースでもこの問題について07年12月1日、「テレビのスピリチュアル番組 『民放連の放送基準違反』」のニュースを配信した。この際、フジテレビはJ-CASTニュースの取材に対し「BPOからは今月(07年11月)中旬に当該番組について正式に質問書をいただき、弊社としての見解、回答は既に提出しておりますので、現段階でのコメントは差し控えます」と回答していた。

BPO検証委の指摘は辛らつだ。発表内容によると「スピリチュアルカウンセラー(霊能師)ありきの企画・構成並びにショーアップ」「客観的な裏づけに欠ける(中略)断定と強調」「『おもしろさ』を第一とする取材・構成・演出を繰り返し、その結果、人間の尊厳を傷つけかねない番組を放送している」と厳しい意見を連ねた。

さらに、「バラエティー番組だからといって、今回のように出演者の生活に関わるマイナス情報を裏づけも取らずに強調し、その生活に影響を及ぼすような内容の放送をしていいのか」「出演者の心情に気を配った手続きも取らず出演させ、一方的に『スピリチュアル』といった非科学的なカウンセリングを押し付けていいものか」と疑問を投げかけている。「自省を促し、今後の番組活動の資とすることを求めたい」と結んでいる。

フジ側は「断定と肯定を避けるため配慮した」
フジ側の反論も検証委が発表している。「スピリチュアル」に関する部分についてフジ側は、「江原氏の、所謂『霊視』と言われるものを基にしたコメント部分に関しては、目に見えるものではなく、当事者しか認識し得ない部分ですので」断定と肯定を避けるため「伝聞調」にしたりテロップに「?」を入れるなど「配慮した」などと主張していた。

検証委は「フジテレビに強く自省を促す『意見』として公表することとした」と公表の経緯を述べている。

フジテレビ広報部は同21日、以下のコメントを発表した。「番組の制作にあたっては誠意をもって十分配慮をしてきたつもりですが、結果としてAさん(編集部注:記事中の「女性」)にご心労、ご迷惑をおかけしたことをあらためてお詫び申し上げるとともに、ご協力頂いた出演者の皆様にも重ねてお詫び申し上げます。フジテレビとしては、今回の意見書を真摯に受け止め、今後の番組制作に役立てていく所存です」
 視聴率が取れれば配慮なんかいらない、これって「あるある」でも指摘されたことなのに、また繰り返しますか。「霊視」なんてものは、この世の中に存在する、とは思えないのに・・・。

 このようなトンデモ関連に使う言葉、というのは、懐疑論者のジェームス・ランディの言葉を借りますが、
「今日はまたひとつ超能力など存在しないことが証明されました。
証明できない力を信じてはいけない。それは皆さんの人生さえ脅かすことになります。
国家であれ、個人であれ、イタズラに超能力を信じ込んでしまうのは、きわめて危険なことなのです。カルトです。このことを是非とも肝に銘じてほしい」

これにつきます。まともな情報を流すべきマスコミが、カルトに走ってはいけない。また、このような番組を笑い飛ばせるだけの知識や技量を身につけないと、このようなくだらないカルトにはまってしまう、と言うこともね。

 超能力信じる暇があるのなら、もっと別なことにエネルギーを使え。その方が人生有意義だと思う。
【2008/01/25 17:48 】
| 事件・・・その後 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「クレージークレイマーってゲームが昔あってね・・・ってそれはクレージークライマー。」
 近年、クレーマーといわれる人々が増えている。「お客様は神様」という言葉に象徴されるような顧客第一主義の裏をつき、消費者の権利を振りかざして強硬な要求をつきつける。

 ある学校ではクラス替えの際、「うちの子は自己紹介が苦手です。自己紹介するんだったら、始業式の日にはうちの子は行かせません」と言ってくる母親がいた。理不尽な保護者に悩まされ、自ら命を絶つ教育者もいる。

 07年3月に恐喝罪で逮捕された広島市在住の男は、なんとクレーマー行為で生計を立てていた。会社を辞めてクレーマーとして食べていこうという発想、また実際にそれで2年も暮らせたという事実が、社会全体が異常な方向に進んでいることを如実に表している。

 トイレの漂白剤でトイレの壁紙を拭いてしまい、壁紙が変色したと怒鳴り込んでくる客。常識的に考えれば色落ちするのはわかりそうなものだが、この客は「壁紙を掃除してはダメだとは書いていない」と主張し続け、納得しない。

 「ブランデーの中身が梅酒になっている」。ある酒造メーカーにはこんな常識はずれのクレームがあった。酒造メーカーでは「他の家族が空き瓶に自家製の梅酒を入れたが、怒り具合に言うに言えなかったのでは」と考えた。事実、次回訪問すると態度が急変していたという。

 「魚が生臭い」。こんなクレームも増えている。普段は切り身ばっかり買っているからだろうか。それが魚本来のにおいである。この調子では近い将来、「ニンニクが臭い」とか「ワサビが辛い」といった苦情が出てこないか心配になる。

 おカネを支払っているだけで、まるで王様と家来のような主従関係を結んでいると勘違いしている人もいる。あるホテルでは、初めて訪れたホテルなのに、「他のホテルではわざわざ言わなくても自分に合った客室が用意される。ここのホテルはなんでできないんだ」と怒りだし、延々と説教し始めたお客がいた。確かに、高級ホテルでは常連客に対しては好みやニーズを事前に察知したサービスを提供している。しかし、常連であるいつものホテルと比較してクレームをつけられても、当該ホテルにとっては初めての宿泊なので、どんなに努力しても事前に好みなどわかりようがない。

 ある小売業では、お釣りをもらい、手を握りたいがために何度も買い物をし、しつこく女性店員につきまとう客がいた。女性を別の地域の店に配置転換しても現れたという。

 企業にとって恐ろしいのは、クレーム処理の仕方を間違えると、そのお客からそっぽを向かれるだけではなく、不特定多数の顧客にマイナス情報が知れ渡ってしまう可能性も孕んでいることだろう。特に昨今は、消費者がインターネットという道具を手に入れたことで、そのリスクは格段に高まっている。

 「お宅さんみたいなのはね、お客さんじゃないんですよ。クレーマーって言うの!」という言葉で2ちゃんねる上で祭りになった「東芝クレーマー事件(1999年)」は、いまだに語り草になっている。

 だがその一方で、クレームを「天の声」や「宝の山」としてとらえ、サービス向上や次の製品開発に役立てている企業もある。「クレームは顧客満足を高めるチャンス」と考えクレームを厭わない高級ホテルチェーンの「ザ・リッツ・カールトン」や、「中身の詰め替え時に手が汚れる」といったクレームから新たな製品提案に結び付けている小林製薬などだ。これらの企業は、クレームをじつに大切に扱い、そして利益へ結び付けるためのシステムを構築している。
 魚が生臭いのはあなたの嗅覚がまともである証拠です。つーか、当たり前のことをどうして文句言うかねぇ。日本も欧米化してきた、と言うだけのコメントで終わらせる問題ではなさそうで。

 なんかね、昭和終了してから、こういった常識知らず(常識破りで良くなるなら奨励するが)がどんどん増えているような気がするのよ。モンスターペアレント(なんか言葉面が良いから、もっと言葉面悪い恥ずかしい言葉ないのかね?暴走族=珍走団みたいなの。例えば珍爆親みたいな)にしろ、モンスターペイシェントにしろ。

 おいらのブログでも「ごね得は許したくない」ということをよく言っているけど、ごね得がまかり通り、まともな意見が潰されるのであれば、それは社会としてはおかしい。わがままで生き抜けていける社会はあってはいけないんだ。ごね得を変形したものがオレオレ詐欺やネットワークビジネスだ、と思うから。センスのないクレームは相手がどう突っ込んでも門前払い、これが基本的スタンスで良いと思う。センスのあるクレームだけを取ると、利益になるんだろうね。

 こういう強いことを言い、ごねる人間は実は気が弱いし、頭の中身も弱い。正論で突っ込めば破砕するぐらいだと思うから、こういうクレームに負けないで欲しい。クレームで死んだらそれは労災だし、それを与えたモンスターどもは殺人罪だ。
【2008/01/22 18:44 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「野菜不足の日本人」
 世界一の長寿国といわれる日本。しかし、その実態は、がん、脳卒中、心臓病など生活習慣病の増加が深刻な問題と化し、健康的な長寿とは言い難い。これは、日本人の食生活が欧米化して肉食が中心となってきたことにより、野菜や果物の摂取量が減少。その結果として、栄養バランスが崩れてきたことが大きく影響しているといわれている。

 厚生労働省が2000年に始めた「健康日本21」では、日本人の野菜摂取量の目標値は1日350グラム以上(果物は200グラム以上)とされているが、2005年の「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)によると、最も野菜を食べている60〜69歳の年代でも1日に340グラム弱、育ち盛りの小学生から中・高校生にいたっては250グラムを切っているなど、どの年代においても目標値が達成されていない。そればかりか、国民1人あたりの野菜摂取量は、1988年からの10年間でアメリカ人より少なくなっており、野菜や果物の摂取量を増やすことが現代日本の課題となっている。

 アメリカでは1990年当時、死因のトップであるがんを克服すべく多くの研究を行った結果、野菜と果物を多く食べている人ほど、がんなどの生活習慣病の発生率が少ないことを発見。政府・行政機関と民間の企業・団体が協力して、「5 A DAY(ファイブ・ア・デイ)運動」をスタート。「1日5〜7皿(1皿=約70グラム)の野菜と果物を食べる」をスローガンとして国を挙げて取り組んだ結果、飛躍的に野菜と果物の消費量が伸びるとともに、生活習慣病での死亡率の減少に大きな成果を上げた。

 野菜はビタミンやミネラル、食物繊維などの大切な供給源である。これらの栄養素は免疫力をつけ、健康的な体づくりの基礎となる。たとえばビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ち、ビタミンCは血管、骨、歯などを丈夫にし、ストレスへの抵抗力を高める。カルシウムは神経の興奮を抑え、食物繊維は消化管活動を活性化させる。WHO(世界保健機関)のデータでも、がんのリスクとなるのは、喫煙、飲酒、果物・野菜摂取の少ない食事、過体重・肥満であると述べている。また世界がん研究基金・米国がん研究財団の報告には、野菜摂取により予防の可能性があるがんとして、口腔(こうくう)、咽頭、食道、胃、結腸、直腸、肺のがんが挙げられている。

 野菜不足の偏った食生活は、子供の肥満やメタボリックシンドロームなどを引き起こす原因にもつながる。日本における野菜摂取の目安である1日350グラム以上を達成するため、普段の食卓を見直し、野菜を積極的にメニューへ取り入れるよう心がけたい。
 メタボリックシンドロームと言ったある意味トンデモ健康に結びつく病気にはなんの関心もないが、野菜不足は確かにそうかもね。というか、野菜が高価になりつつあるのも問題じゃない?野菜に於いては実際地産地消であるべきだし、季節を逸脱した時期での摂取は避けるべきだ、と思う。冬に生のトマト食うのは馬鹿の所業だろう。値段も高いし。

 おいらの場合、野菜を食べるのに、季節の野草を活用しています。今の時期なら春の七草である芹は旨いよね。良く洗って生のままマヨネーズやドレッシングであえて食べたり、赤味噌で味噌汁を作ったり。野草については今のうちにどれをどういう風に食べられるか、と言う事は学ぶべきだろうね。適度な運動・・・おいらの場合これはやってないから体型が・・・

 ま、焼き肉食うときにはキャベツを肉と同量以上喰えってこった。この記事のまとめとしては。
【2008/01/22 17:27 】
| 医療関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ