[PR] 占い
「「専門介護福祉士」創設へ 上級資格で人材確保」
 厚生労働省は29日、高齢者施設などでケアに当たる介護福祉士について、認知症患者への対応など分野ごとに、上級資格である「専門介護福祉士」の制度を創設する方針を固めた。

 介護福祉士は「仕事がきつい割に給料が安い」とされ、人手不足に陥っており、厚労省はキャリアアップの道を示すことで介護職離れを食い止めたい考え。有識者研究会で今秋にも制度の詳細を詰める。

 介護福祉士は国家資格だが、新設の上級資格は日本介護福祉士会などの全国組織が認定する仕組みとなる見通し。認知症患者や障害者へのケア、サービス管理など複数の認定分野を設け、一定の実務経験と研修を条件とする方向だ。

 研修のメニューづくりなどに時間がかかるため、導入時期は2009年度以降とみられる。
 あのねぇ、厚生労働省は馬鹿の集団だ、というのは解っているから、これ以上日本中に恥をさらす必要はないと思うんだけど、どうかな?

 今回の件、例えればこういう事だ。
「東京都豆南諸島のベヨネーズ列岩に厚生労働省の本部を移して、通常業務が可能ですか?」
↓こんなところですが。


・・・役人どもに言わせれば、どうも可能なようです(明神礁か高根礁の爆発に巻き込まれてしまえ)。

 要はね、資格に対しての土台すらまだ出来ていないところに、業務者を混乱させる様なものを作ってもらっては困る、と言うこと。土台が出来ていれば離職なんて問題はないでしょ?更に、こんな資格でキャリアアップ?認知症のどうこう、なんてのは絶対認知症センターが絡んできて、そちらとの黒い金の問題が出てきそうだし、どうせ国のやることだ、現場に則さない設定分野が出てくることはもうわかってる。

 基本は介護職の地位と賃金の向上、それだけで良いはずなのにね。例えば、介護報酬から人件費出したくないのなら、「介護職は一切の税金を控除」とか、「毎年年末に国から100万円ボーナスが税金とっぱらいで出る」とか、「伊勢エビを密漁しても、winnyでハメ取り写真が出ても、エミュ使いまくっても、仕事中にオークションで遊んでいてもおとがめ無し」とか、って、最後のはどっかの県庁で実際あるかw(ちなみにこの記事を載せた週刊ポストの広告、今週は何故か南日本新聞には出てないんですが、どうしたんでしょうかね?)。

 ま、こんな姑息な手段しか思いつかないようでは、日本の福祉はまだまだ変わりません。



【2007/05/30 11:09 】
| 福祉系お役人の悪行 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「無年金者にも記録確認要請 介護保険料通知の機会に」
 社会保険庁が管理する公的年金記録の不備問題で、社保庁は28日までに、過去の加入期間が足りず無年金状態にある人に対しても加入記録の確認を呼び掛けることを決めた。介護保険料の納付通知書に、年金記録の照会を勧める文書を同封してもらうよう、介護保険を運営する市町村に近く依頼する。

 基礎年金番号に統合されず該当者不明のまま「宙に浮いた」年金記録は約5000万件に上る。現在受給資格(加入期間25年)がなく無年金の人でも、照会により過去の一時期に保険料を納めていたことが判明し、記録を合算すれば年金を受け取れる可能性がある。

 介護保険料は原則として年金から天引きされるが、無年金や低年金(年額18万円未満)の人は天引きの対象外。無年金の人には、年金に関する社保庁の通知が届かないため市町村の協力を得る。
 もし一般の会社などでこれをやったら処分、下手すりゃクビなんですが、公務員はそんなことしなくても良い訳な。

 何のために年金や税金払っているか解らない。元々公務員には市民の生活を守る、と言うモラル事態が欠如している、としか思えない。でもってあんな馬鹿をやっても厳重注意のみだもんな。

いいな〜、鹿児島県庁

 こりゃ今度の選挙、負けてもしょうがないわ。


【2007/05/29 23:49 】
| 介護保険関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「介護保険前の認識で働いてもらっても・・・・」
 ※注意:実際のことを書く訳にはいかないので、かなり脚色しますが、大筋の流れは追っているつもりです。以前書いたネタの掘り下げといえばそうなんですが・・・
 新しい職場に入って三ヶ月が過ぎました。元々こういった福祉施設の場合、人間関係が元で止めていく連中が多いのですが、とりあえず今のところ退職者もいないで何とか流れています。おいらも今はケアマネ業務はそれまでいた本職のケアマネに任せ、のんびり介護をしながら自己研鑽に励んでいる(このブログで書きたい放題書いたり、と言ってもネタを読まないといけないからね。あと、ICFとICD-10について詳細を自己学習中)ところです。ま、何とかやってはいるんですが。

 しかし、職員の質で問題がないわけではない。中にはとんでも無いことを平然と言うスタッフもいたりします。

 ついこの間の朝礼前の話。今いるケアマネが作った来月からのプランを読んで、おいら思わず、「いや〜、こりゃ使えんわ〜」と言ってしまったんですよ。そしたら、うちの施設の中で一番口うるさい女性職員が「プランの中身を批判するのはいけないことでしょ?」と一言。そこで朝礼が始まったのでその話は終わったんですが・・・。

 何故使えないと言ってしまったのか?以下の理由です。
1.要介護1の高齢者も5の高齢者も一緒くたに第2票が一枚で完結してしまっている。当然中身は薄い。別にその内容がその人の生活の核心を突いているなら問題視しないが、それすら出来ていないプラン。
2.そうなるのも当然で、ケアマネは介護や看護の職員が働いている様を見ていない。入ろうともしないし、聞こうともしない。それをやるのはプラン立案前だけ。                                3.第三票を添付しないで見ろと言われても、正直どうしようもない。家族に渡すものをそのままスタッフにも見てもらうべき。             
4.プラン立案後の最終調整を本来であれば担当者会議の前のケアカンファレンスで行うべきだが、それを行っていない。だからプラン内容が呆けてしまって当然である。
・・・ざっと見てこれだけの欠点を見つけてしまったんですよ。でも、そう言うことを言ってはいけない、と言うスタッフ。

 要は、ケアプランに積極的に関わる事は悪いことだ、今いるケアマネ様のおっしゃることが正しいので、お前のような新参者(とはいえ、今の施設にのべ8年以上関わっているんですけど。あとプラン立案などの実力では決して負けているとは思ってないんですが。向こう主任ケアマネだけど)は、たとえ居宅経験者でも文句を言うな、と言うことらしい。

 ケアプラン作成、と言う意味で非常に間違っている事を身につけてどうするのだ、ここのスタッフは、と思う。ケアマネも人間だ。神様じゃない。内容で間違っていると思うことは素直に突っ込み入れるべきだと思うし、現にそうしているケアマネも多いはずだ。たった一枚作りっぱなし、と言うプランで果たして監査に来るクズ役人どもは、じゃなかった家族は納得するのか?と言うところまで考えてないだろう?このままのプラン内容では・・・恐いね、正直。これを許している俺も問題なのかもしれないが。

 ・・・おいらの考え方、間違ってますかね?
 
【2007/05/27 23:31 】
| 高齢者の環境 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「日雇い派遣の「不透明」天引き、労働者が返還請求へ」
 携帯電話やメールで短期の仕事を紹介する「日雇い派遣」業界で、派遣会社が保険料などの名目で派遣1回あたり200〜250円程度を給料から天引きする制度に対し、派遣労働者が天引き分の返還請求を始めた。業界大手2社は制度を廃止したが、労働者側は任意との十分な説明がなく使途も不透明だとして、過去に支払った分の返還を求める。徴収総額は大手で年間10億円規模に達し、返還請求の行方によっては業界の収益構造を揺るがす可能性がある。

日雇い派遣の天引き問題


 日雇い派遣業界では、派遣会社が「データ装備費」や「業務管理費」などの名称で給料から天引きをしてきた。月に20日間働けば年間5万〜6万円程度になる。1日に3万人近くを派遣する大手のグッドウィル(東京都港区)では、年間徴収額が約15億円に上るという。

 派遣会社は、労働者が派遣先で物を壊した場合などの損害をまかなう保険料や、労働者の個人情報管理、装備品代などにあてたとする。支払いは任意だと説明し、労働者も納得しているという。

 だが労働組合などによると、スタッフ登録の際に「保険料として引くことになっている」などと言うだけで任意との十分な説明はなく、使途の内訳や保険の内容を明記した文書も交付されない。

 グッドウィルの派遣労働者でつくるグッドウィルユニオンは、事実上、強制的に天引きされ、使い道も極めて不透明だとして団体交渉で返還を要求。28日にスタッフ向けの説明会を開き、6月にも一斉請求する。労働基準監督署にも調査を求める方針で、厚生労働省も調べる考えだ。

 グッドウィルは5月に制度を廃止。返還には応じない姿勢だが、任意との説明が不十分だった場合があれば「個別に検討する」と含みも持たせている。大手のフルキャスト(東京都渋谷区)は2月に廃止したが「現時点で返金は考えていない」という。
 正直このまますべての派遣業者が潰れてくれた方が良い。それが日本の将来のためだと思うが。

 人件費の削減になる、と言う企業にとってはメリットはある派遣制度だが、これによる労働者への愚弄をこのまま許していると、社会自体が倒れかねん。そんなことはない、と思ってるのは楽観過ぎだ。

 要はさ、松平定信と田沼意次、消極的経済と積極的経済、鬱と躁どっちが良いかって事だ。今の日本社会は人に例えれば鬱病末期。いつ自殺してもおかしくないところまで来ている。それに気付いているはずなのに、更に眠剤処方して眠らせようとしているのがお役人どもであり、経団連であるわけ。こりゃさ、それ以外の一般の国民でその処方止めさせないと。

 派遣会社が全滅するまで追求してくれ、頼むぜ!


【2007/05/27 23:02 】
| 格差社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「車いすの90歳が痴漢 手伝った主婦の尻触る」
 車椅子(いす)を動かすのを手伝ってくれた女性に痴漢をしたとして、京都府警五条署は、府迷惑行為防止条例違反の現行犯で、京都市中京区の無職男(90)を逮捕した。

 調べでは、男は足が不自由で電動車椅子に乗っていた。17日午後3時ごろ、中京区の路上で、通り掛かった主婦(51)に「前輪に体重をかけてもらうと動きやすい」と声を掛け、主婦が前輪に乗った際に後ろから尻を触った疑い。

 男は大筋で容疑を認めており、「90歳にもなって恥ずかしかった」と供述しているという。

 別の女性が京都市内で、電動車椅子に乗った男からわいせつな行為をされたとの情報もあり、同署が関連を調べている。
 ・・・お盛んと言うか何というか・・・でも、これぐらいの欲がないと長生きって出来ないと思うよ。

 日本最長寿だった徳之島の泉重千代氏の逸話でこんなのがある。
「彼はこんなにも長生きできた理由として「神様と仏様とお天道様のおかげ」と語った。またインタビューで、「好きな女性のタイプは」と聞かれて「やっぱり年上かのう・・・」と答えた、という逸話がある。好きな飲み物は黒砂糖から作った焼酎であるとも答えた。 その他、長生きの秘訣について酒とたばこをあげたというエピソードがあり、いくつかのインタビューにもタバコ(ただしキセル状のものとの説もあり)煙をくゆらせながら応じたといわれ、しばしば愛煙家の話題にのぼる。


 この件は、警察に通報しないといけないことかなぁ?こういうセクハラじみたことは結構高齢者施設内ではあるんだがなぁ・・・。

【2007/05/27 09:58 】
| ほのぼの | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ