[PR] 占い
「行政は医療福祉従事者の命より、予算を使わない方が大切なようです。」
「民には厳しい」社会保険庁

 保険診療の取り扱い等について医師に対し丁寧に行うと定められている社会保険庁などによる「個別指導」で、指導医療官の医師に対するパワーハラスメントや人権無視が相次いで報告されている。「こんなことをして、お前すべてを失うぞ」といった恫喝(どうかつ)に端を発し、昨年9月には東京都内の歯科医師が自殺する事件も起きるなど、指導をめぐっては社会常識を逸脱した問題事例も少なくないという。約5千万件に上る未統合の年金記録問題をはじめ、不祥事を繰り返しながらも明確な責任の在りかを示さず「身内には甘い」社保庁が、「民には厳しい」実態が浮き彫りになっている

指導大綱にない「中断」横行

 医師が保険診療を行うためには、保険医療機関の指定を受け、保険医の登録
を行わなければならない。この保険医に対する個別指導については、「保険診療の取扱い、診療報酬の請求等に関する事項について周知徹底させることを主眼とし、懇切丁寧に行う」と、「社会保険医療担当者指導大綱」(指導大綱)に定められている。また、個別指導後の措置(結果)は、「概ね妥当」「経過観察」「再指導」「要監査」の4分類となっている。

 しかし、昨年4月に個別指導を受けた東京都内の歯科医師の場合は、提出資料の不備等を理由として指導大綱にはない「中断」とされ、何の連絡や説明もないまま放置された。担当した2人の指導医療官は当初、「こんなことをして、お前すべてを失うぞ」・「今からでも、お前の診療所に行って調べてやってもいいぞ」と発言するなどの恫喝に終始。事後の取り扱いを尋ねても返答はなく268日後に突然「監査」の通知が届き、この医師は監査の直前に自殺した。

 歯科関係者によると、監査は最長5年間の保険医停止の処分か保険医取り消しが課され、事実上、歯科保険診療はできなくなり「開業時に巨額の借金を抱えることが多い歯科医にとっては、死刑宣告に近いと考えてしまう」という。

 このような事態を受けて、全国保険医団体連合会(保団連)は、東京都と同様に各地で指導大綱にはない「中断」という事例が起きているか、また指導に関する問題事例がないかを全国の保険医協会・医会を対象に緊急調査を実施。52組織のうち現在までに43組織から報告が寄せられた。

 その結果、中断については、医科・歯科ともに事例ありが11組織、医科で事例ありが4組織、歯科で事例ありが8組織と、この3年で半数を超える都道府県で中断という事例が起きていることが分かった。その件数は、医科では22件超、歯科では20件超。期間では、東京都の歯科の場合で、335日間を最高に、268日間、256日間などの長期に至るケースもあった(東京歯科保険医協会調べ)。

 個別指導の実態に関しては、「威圧的な態度」をはじめ、「急に大声で威圧して机をたたく」・「カルテを見るやいなや被指導者を怒鳴った」・「人格を否定される発言」など多数の報告が寄せられたほか、「全国平均までレセプトの平均点を下げなさい」・「テープ録音は勝手にやって構わない。その代わり、こちらは公益代表を立ち合わせてカルテをビデオ録画したい」といった事例等も報告。うつ病を発症する医師も少なくなく、医師の自殺は、東京の3件のほか、沖縄など各地で起きているという。

指導は「医療費削減ツール」

 保団連をはじめ、各地の保険医協会・医会は「犯罪捜査まがいの個別指導が横行している。個別指導には『検査権』はなく、あくまでも相手方の任意の協力によって成り立つもの。ましてや保険医療機関の指定取り消しや保険医の医業停止を決める場ではない。職権による処分をちらつかせ、指導に従うことを余儀なくさせる行為は行政手続法でも明確に禁止されている」と指摘。そのうえで「指導の中断が繰り返されているが、『大綱』には、そのような取り扱いは一切明記されていない。行政の不作為とも言える長期間の放置は、適正な手続きに欠けるだけでなく、精神的に追い詰めるための極めて悪質な手法」などと抗議している。

 個別指導については、「2000年以降の相次ぐ診療報酬のマイナス改定で医療機関の経営が全体的に悪化したことに加え、特に歯科では73項目にわたる保険点数が20年間も据え置かれている問題が背景にある」と指摘する関係者も多い。この73項目は、1986年4月時点と同じ保険点数で、写真診断(全額撮影以外)・補綴(ほてつ)関連検査・知覚過敏処置・歯周疾患処置・補綴物の除去など、ほとんどの歯科医療の基本的技術が含まれている。

 また、かつて医療費全体の12%あった歯科医療費が06年度は7.7%にまで下落。歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士らに支払われる診療報酬は先進国に比べ極めて低い。こうした中、「患者負担を考えて、保険の枠内で治療しようと努力すると、医療指導官からは『保険点数が高く不正だ』とされてしまう。医療として正しい治療を行って、正しい請求をしても、保険点数を下げさせるような指導がされる」(福岡県内の歯科医)という実態もあり、「国は、患者・国民の命と健康を守るためではなく、金のために指導しているとしか思えない。指導が医療費削減のツールにされている」と嘆いている。

 個別指導をめぐっては、昨年の臨時国会で小池晃・参議院議員(日本共産党)が「指導・監査で保険医が自殺することはあってはならない」などと質問。舛添要一・厚生労働大臣は「暴言を吐くようなことは許されないシステムになっているはず。それが機能していないということは由々しきことで、きちんと指導していきたい」といった答弁をしている。
 あのねぇ・・・こういった暴言は指導や監査では日常茶飯事ですが何か?必要な治療を行ったあとの保険請求を「不正」の名の下に突っぱねるようじゃ、まともな治療すら出来ないでしょ?

 そもそも、指導や監査を行う行政は、患者や利用者の方向を向いていない。その向いている方向は上司であり、金である。この事件を読むとそのことは良く理解できます。経費削減のツールの使い手が医療福祉従事者を苦しめている、これが今の現実。その現実から目を背けるお偉いケアマネージャーの皆さんのなんと素晴らしいことか。

 社会保険庁は自分たちの組織の指導も監査も出来ていないのに、良くここまで虐めるなぁ、病院を。あの馬鹿な組織を国民全体で恫喝すべきだろう。そうでないと、まともに医者にかかれない現状がますます酷くなる。

 ・・・監査員、うちの施設に来たら絶対泣かすから覚悟しな。
【2008/02/04 14:45 】
| パワハラ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「依然深刻な残業代未払い 飲食業界だけでなく他業界でも」
 正社員の店長を、時間外手当の支払い対象外の「管理監督者」として扱い、残業代などを支払わないケースは、マクドナルドなど外食産業やコンビニだけでなく、多くの業界で深刻な問題となっている。

 紳士服大手のコナカ(横浜市)は今月、元店長の男性に未払い残業代約690万円を支払うことで合意。同社は、店長を「管理監督者」として残業代を支払っていなかったが、昨年6月に労基署の指導を受け、支払いを始めている。

 家電量販店大手エディオン傘下の「ミドリ電化」(兵庫県尼崎市)も昨年末、「管理監督者」の範囲を見直し、店長などの職種を対象から外した。同社は、「管理監督者」とした社員678人の残業代計15億5400万円が未払いだった。

 ファストフードやコンビニでは、残業代未払い問題はより深刻だ。店の運営がバイト主体になりがちなため、店長の負担が大きくなり、長時間労働を強いられることが多いためだ。

平成18年には、これまで労働組合のなかった日本マクドナルドや日本ケンタッキー・フライド・チキンで相次いで労組が結成され、労働条件の改善を求めて交渉している。だが依然として、店長は「管理監督者」のままだ。

 個人加盟の労働組合「東京管理職ユニオン」には、ファストフードやコンビニの店長からの相談が多数寄せられている。「会社への遠慮からか匿名の相談が多いが、今回の裁判の行方に期待するという声が多い」という。

 こうした状況に、労働問題に詳しい棗(なつめ)一郎弁護士は「中間管理職への残業代をカットできるという経営者側の思惑が大きい。ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間規制の適用除外)の導入にもつながりかねない」と批判する。
 鹿児島の福祉施設ではこういう残業不払いは当たり前、自分の趣味を持つことすら駄目だ、と言う馬鹿なお偉いさんまでいるのが実情なだけに、この裁判はおいらも注目しています。

 滅私奉公?それを強制したからこその今の高齢者医療・福祉の現状だろうが。非国民通信さんも同じ考え方だが、自分を捨てて働く、というのは幸せではない。地獄で釜ゆでにされた方が幸せじゃないのか。働いただけの報酬を保証されない、と言うのもおかしいしね。

 残業代を払わない、と言うことに代表される、労働者を駒以下の扱いしかしない企業は、すべて潰れてもかまわない、と思う。
【2008/01/31 22:16 】
| パワハラ | コメント(0) | トラックバック(0) |
「なんか似てるな・・・朝青龍とフェルナンド・アロンソ」
・朝青龍:「かなり憔悴」高砂親方が処分後初の面会 (MSN毎日インタラクティブ)

 日本相撲協会から2場所連続出場停止処分を受けた横綱・朝青龍(26)と
師匠・高砂親方(元大関・朝潮)が6日、東京都墨田区の朝青龍の自宅で、処分後初めて会った。会見した高砂親方は朝青龍の様子について
「かなり憔悴(しょうすい)している。甘いと言われるかもしれないが、先に治療ありき。記者会見はしんどい」
と話し、朝青龍が公の場に出るのは治療後になるとの見通しを示した。
また、一両日中にも、協会側が指定する精神科医の診察を朝青龍が受けることも明らかにした。

 高砂親方によると、2人が自宅で会ったのは約15分。朝青龍の横に座って話しかけても、ほとんど相づちを打つだけ。
「普段は多弁なだけに、『頑張る』以外ほとんど語らない姿にびっくりした」と語った。
しかし、謹慎から一週間もたっていないことを踏まえ
「早急に(帰国の)結論は出ない。もう少し時間をくれというしかなかった」と話した。協会指定の精神科医の診察を受けさせることについて、高砂親方は
「1人より2人の方が、病状をいろいろな角度から診ることができる」
と説明。これまでの診断書は高砂親方の手元にあり、北の湖理事長には病状報告にとどまっているという。

 モンゴル帰国については「(互いに)一言も話さなかった」と述べ、
高砂親方が「今はオレもおまえも辛抱だ。自分から参ったと言ったら負けだ。
前向きに行こう」と語りかけると、朝青龍はうなずいたという。
 【F1】アロンソとマクラーレンに厳罰−ハンガリーGP[8/5]

 フェルナンド・アロンソは、予選のピットストップの際にチームメイトのルイス・ハミルトンを妨害したとしてFIAによりペナルティを科せられた。アロンソは5グリッド降格の処分となり、決勝レースを6番グリッドからスタートすることになった。FIAはさらに、チームもハミルトンの最後のアタックを妨害したと考え、ハンガリーGPではポイントを一切与えない処分を下した。

 FIAはチームラジオとビデオを調査した後で、今回のピットストップ騒動の処罰としてハンガリーGPではアロンソとマクラーレンのコンストラクターズポイントを与えないことを決定した。FIAは全ての証拠を調査するのに数時間を費やし、その結果ハミルトンはポールポジションを獲得した。

 アロンソはロベルト・クビサの隣の3列目からスタートすることになり、ニック・ハイドフェルドが2番グリッド、キミ・ライコネンが3番グリッド、ニコ・ロズベルグが4番グリッド、ラルフ・シューマッハが5番グリッドとなった。

 マクラーレンはポイントなしの処分について抗議することを決定したが、アロンソのペナルティについては抗議を行わないこととした。公聴会はレースの後に行われる予定だ。
 世界のスポーツ界で若くしてトップになった2名が色々問題起こしているようで。どちらも20代中頃の歳で、若くしてその世界のトップに立ったのは良いけれど、それに人格が伴わなかった、と言うことでしょうね。

 過去はそうじゃなかった、と言うことも実際はなく、F1でいえばセナやプロスト、マンセルやピケ、相撲界で言えば輪島や北尾、貴乃花や曙についても色々ゴシップはあり、決して人格が伴うものではなかったわけです。でも、そのような人間くささが逆にそのスポーツの世界を魅力的なものにしていた、とも言えるわけで。単純に批判するのも問題。

 よく言いますよね?「健全な精神は健全な肉体に宿る」って。あれは間違い。本当は「宿れかし」=宿って欲しい、と言う意味なんですよね。こういうニュースを聞く度に、この事実を必ず思い出します。それと同じく、組織のトップにいるからと言って、それに人格が伴うことは決してありません。自分自身の感じたこととして、今までいた福祉施設で尊敬できる人格の持ち主は誰もいませんでした。むしろ周りから下っ端だと思われる人間の方がいい人が多かったような気がします。世間の評価と本人の状況は意外と合ってないことが多いんですよ。

 もっと言ってしまえば、権威や偉い人の言うことを鵜呑みにするのは危険だ、と言うこと。少なくとも福祉従事者は介護保険という厚生労働省の作った神の言葉で実感しているはずです。その言葉の裏を見定める目を養う訓練、これを怠ってはいけません。

 朝青龍もアロンソも、今自身が置かれている状況から脱却し、ファンを楽しませてくれる試合やレースが出来るようになることを期待します。



【2007/08/06 23:30 】
| パワハラ | コメント(1) | トラックバック(0) |
「どうする厚労省「はしかの輸出国」と呼ばれる日本」
 じわじわと麻疹(はしか)が、日本中で大流行の兆しを見せている。

 東京では、上智大学や日大に続き、今度は5月21日、新宿区の早稲田大学が30人の感染者が出たということで、全学部(都外にある大学院を除き)が今月の29日まで休校となった。

 麻疹は、風邪に似た症状を持つウイルス性の疾患である。感染力が強く、肺炎や脳炎を併発したりして、命にもかかわるケースもある。子どもの時代に罹ると比較的治りやすいが、大人になって発症した場合は、重症化しやすいタチの悪い病気である。特に妊娠した女性が罹った場合は、胎児に何らかの障害が出る可能性もあるといわれる。

 本来、日本以外の先進国では、ほぼ撲滅された病気と目されている病気のようだ。今回の日本における麻疹の大流行ではっきりしたことは、わが国の厚労省が、麻疹の予防接種などの具体的対応策を怠っていた事実だ。

 読売新聞の社説(5月21日付)によれば、2001年には、推計で30万人の麻疹患者が発生したということであるが、その後もこの麻疹に対する予防接種の取組は行われていなかった。アメリカは、このように日本を「はしかの輸出国」と揶揄(やゆ)しているとのことだ。

 考えてみると、インフルエンザの特効薬と言われた「タミフル」のスピード承認(2001年)のケースとは、まったく相反する厚労省の遅すぎる対応にはほとほと呆れるばかりだ。

 インフルエンザ治療薬「タミフル」は、1996年、ギリアド・サイエンシズ社が開発した新薬である。それをスイスのロシュ社がライセンスで製造をおこない、01年に厚労省が保険適用承認後、中外製薬が代理店となって販売しているものだ。異様に感じるのは、世界中のタミフル使用量の75%を日本一国で使っているという現実である。

 ところで、先のギリアド・サイエンシズ社は、かつてアメリカの国防長官ラムズフェルド氏が97年から01年の間、会長を務めていたという事情がある。新薬の承認に人一倍慎重なはずの厚労省が、臨床データも少ない状況で、00年に承認した経緯には、鳥インフルエンザの流行が懸念されていた時期ということを加味しても、アメリカからの政治的な圧力もあったのではないかと、疑いたくなるような側面もある。

 今年の2月、宮城県の仙台市で、タミフルを服用した少年が異常行動を起こして、マンションから転落して死亡したことで、タミフルとの因果関係が云々されていたが、一定の服用指針が厚労省から示されてからは、いつの間にか、マスコミも大きくは取り上げなくなっている。しかしこれによって、タミフル問題が、解決したわけではない。

 それにしても「どうした厚労省」と言いたい。麻疹の対応には油断が、一方、インフルエンザの治療薬タミフルの承認は勇み足のようにも見える。このふたつの”ちぐはぐな対応”について厚労省幹部は何と釈明するつもりか。

 さて問題は、降って湧いたように見える「麻疹大流行の兆し」をどのようにして食い止めるかということだ。早急に、予防接種を各学校などで徹底しなければならない。それについては、すでにワクチンの備蓄量の問題も出ている。厚労省への信頼が揺らいでいる今こそ、厚労省関係者は、早急に「麻疹対応策」を打ち出すべきだ。
 この件、厚生労働省も悪い。でもそれだけを言うのは「世の中に裏なんて無い」と言いきる馬鹿並みの所業な訳で。

 接種しなければその後の命が危険にさらされる感染症というのは実は結構多いわけで、そのためのワクチン接種。それにより今世界から(表向きには)ポリオは絶滅した。しかし、ワクチンを打つことを良しとしない団体が存在している。彼らの訴えはこう。

【反ワクチンに関する誤った共通概念】(http://intmed.exblog.jp/i11より)
────────────────────────────────
1 消毒や衛生環境の整備で、ワクチン以前に感染症は既に無くなっていた
2 病気になった人の多くはワクチンを受けていた
3 他のワクチンより多くの副作用や死亡事例が関連している“ホット”なワクチンロットが存在する。
4 ワクチンは多くの重篤な副作用、症状、死亡例さえある
5 ワクチンで予防できる疾患はすでに我が国からは消滅している
6 小児に複数の疾患に対するワクチン接種をすると副作用のリスクが増加し、免疫系に負担を多くかける

 これによる運動がマスコミ先導で行われたのが1993年。ちょうどこの頃に予防接種をしなかった子供が今の大学で麻疹にかかっている連中。何のことはない、今の流行を作ったのは当時のマスコミと反ワクチン主義者。

 トンデモ健康はなにも生み出すことはない。こういう結果が待っているだけ。マスコミ、反ワクチン主義者は猛省すべきであろう。



【2007/05/25 15:09 】
| パワハラ | コメント(1) | トラックバック(0) |
「これは酷い・・・」
 こういうブログやWebページやってると、酷いエロ系メールが大量に届くのは世の常なんです(いや、本当は規制すべきだろう)が、余りにも酷いメールが届いていたので、紹介します。というか、うちのページにこんなメール送るなよ・・・
>ギネスに挑戦
>《 続 91歳 お婆ちゃんの 尺八 》
>第4弾  またまた、あの お婆ちゃん がやっちゃいました!!!!
>
>『 貴方は 歯の無い 91歳 お婆ちゃんの尺八で逝けますか??? 』
>
>私が知る限りでは、メガトン級の映像です。
>
>http(こんなサイトに行ってもらいたくないので削除)
>
>これを観なくて エロ は語れない!!!
  いや、語って欲しくないぞ。というかさぁ、これって昔東京の高齢者施設であったまさにあれじゃん。こういったビデオがもしあるなら、それは有無を言わさず当事者に何らかの制裁が必要だと思う。

 おいらはエロは否定しないよ(今の職場では「エロ兄さん」とも言われるぐらいだからな。セクハラ発言はないけど)。又、その趣味も否定はしない。人間いろんな性的趣味があっても良いだろう。犯罪に繋がらなければの話だが。でも、こういうメールで誘導して、小金を稼ごうという業者のその浅ましさが気にくわねぇ。しかもよりによって高齢者福祉関連のサイトにこれを送るなよな。

 以後、こういうお馬鹿なメールやなんでもリンクへの書き込みは有無を言わさず削除。酷い業者はここでさらし者扱いにしたうえ直接抗議メールを送ると共に、各関係機関へ連絡するのでそのつもりで。

追記:このサイト、実は有名な架空・不当請求サイトらしい。詳しくは
http://kogumaneko.tk/cc/1db/volkbg.com.html
を参照。ちなみに、こちらから西武信用金庫 北新宿支店には情報を送っております。ざまぁみろ。









【2007/04/25 13:01 】
| パワハラ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ