[PR] 占い
「少なくとも鹿児島の介護保険施設には何処も真似できませんね、これ。」
〜グーグルも実践中!「くそったれ社員」排除で収益向上〜

アメリカの人気教授が説く衝撃の組織経営論

 パワハラ上司に、ゴマすり同僚、無気力部下…そんなアスホール(くそったれ社員=イヤな奴)は洋の東西を問わずどんな企業にもいるものだ。ただし、組織の宿命と思ってはいけない。グーグルなど勝ち組企業が、アスホール排除のルールを実践していることをご存知だろうか。スタンフォード大学の人気教授、ロバート・サットン博士は、日本企業も同じ発想を持つべきと説く。

 どんな組織にもアスホール(くそったれ=イヤな奴)はいる。その振る舞いで、周囲の人間を落ちこませ、やる気をそぐような輩だ。じつは、こうしたイヤな奴が企業に多大な損害を強いていることを読者諸賢はご存知だろうか。ある試算によると、イヤな奴が1人存在することより当該企業が被る損害額は、人件費は別として、年間最大16万ドル(約1600万円)にも上る。1人いるだけでも周囲の生産性は落ち、同僚は辞め、特に管理職にいる場合は、深刻な訴訟問題に発展することもある。

 イヤな奴の性格は波及性があるので、周りもイヤな人間になる。いい人のそばにいれば周りもいい人間になるが、イヤな人間の前では誰でもイヤな人間になるというのは、組織行動論でも実証されている傾向だ。それだけではない。日中イヤな奴を相手にしていると、夜帰宅しても妻や子供ら家族との生活に悪影響を与えかねない。効率的に組織を運営するために、そして社会倫理的な観点においても、企業はこうしたイヤな奴の存在を許してはならないのだ。

○イヤな奴には2つのタイプある。

 一時的に感情的になってひどい振る舞いをするテンポラリーアスホール。そして筋金入りのサーティファイド(認定)アスホールだ。発露の仕方はさまざまで、悪質ないじめに始まり、相手の存在を無視したり、政治的な計略を用いて相手を背後から刺すこともある。アメリカの場合は、イヤな奴がたくさんいる業界というのがあって、ハリウッドの映画界はその典型だ。誰もがイヤな上司に仕えてきた経験があって、晴れて昇進した暁には、自分も同じように振舞うのだ。スポーツ界のコーチの世界でも、そうしたアスホールの連鎖がある。

 では、組織からイヤな奴をなくすためには、どうすればいいのか。じつは、この点で、大いに参考になるのがグーグルである。同社の企業理念に「Don't be evil(悪魔になるな)」という有名な言葉がある。むろんそれでも、イヤな奴はいるだろうが、だいたいにおいて「ここでイヤな奴をやっても、仕事の効率化に何ら貢献しない。得することはない」という意識は組織の上下によく行き渡っている。ヒューレット・パッカード(HP)も、昔からイヤな振る舞いを許さない社風のある会社として知られている。これは、他人を礼儀正しく扱った創設者のヒューレットとパッカードの名残だろう。

 しかし、時の企業であるグーグルがこうした社風を持つ意味は大きい。人材獲得競争は、日々世界的に厳しさを増しているが、グーグルが規律あるフレンドリーな雰囲気で優秀な人材を引きつけ、なおかつ急成長を遂げている以上、多くの企業が同様の手法を取るしかないからだ。特にITの世界でグーグルと直接戦っているマイクロソフトやイーベイなどは最近、「The No Asshole Rule」(アスホールの存在を許さないルール)に非常に高い関心を示している。

○“えせスティーブ・ジョブズ”の存在は百害あって一利なし

 IT業界以外に目を移しても、社員の評価に同僚や部下への振る舞いを査定する項目を設ける会社や、入社の契約書にこれに関連した項目を盛り込む会社は増えている。イヤな奴が引き起こす訴訟も増加傾向にあり、米国の産業界は今、この問題に真剣に対処し始めているのだ。日本企業も人材戦略の面でこれからますます国際化を進めるにあたって、この問題を無視できなくなるはずだ。

 最良の解決策はとにかくトップが礼節のある組織にしたいと思い、行動を起すことである。じつは日本で問題になっている「いじめ」は、アメリカにもある。特に軍やフラタニティー(男子学生のクラブ)など、強い文化を持つ組織にありがちなことで、企業でも時折見られる。いじめは、誰かをスケープゴートにして団結心を強める動きで、これを防ぐためにはやはりトップ自らが強い行動に出るしかないと思う。

 むろん、イヤな奴ほど才能があるという反論もあろう。アップルコンピュータのスティーブ・ジョブズCEOはその最たる存在だろう。しかしジョブズ氏はトラブル以上の見返りをもたらすことがわかっているわけで、万人に適用すべき評価軸ではない。一般企業において、「えせジョブズ」の存在は百害あって一利なしであることを忘れてはならない。
 施設職員内のパワハラやセクハラ、自分の地位を守るための組織内工作・・・俺が昔働いていたどこぞの法人はこういう事だらけでした。鬱病になりかけたもんね、おいら。多分死ぬまで忘れられない言葉、その時投げつけられましたよ。「あなたが精神を病もうが、まかり間違って死のうが、私は関係ないわ、それに利用者もね、あんたのことなんかどうでも良い、と思っているのよ!」・・・こんな言葉が吐けるぐらいの人間がやっているんですよ、どっかの法人の主任ケアマネって(ちなみにこれ、子供の誕生日に早く帰りたい、と言ったときに言われた言葉です)。

 おいらだけじゃない、10年以上色々な福祉職員を見ていますが、上司に虐められる、ってのは普通で、同僚から虐められまくって法人内施設をたらい回し、最終的にはそこを辞めて風俗嬢になった娘、とか、バーンアウト症候群になって今は精神病院に通いつつ生活している女性やら・・・もっと酷いケースも知っていますが、ここに書くべきかどうか・・・と言うケースも存在しています。

 介護保険上でこのような動きを止めるように法制化し、明文化してくれ、と切に願う。おいらはもういい。これまで辞めたくないのにこの世界を離れざるをえなくなった人間やら、今辞めようかな、と思っている人間を救って欲しい。ただでさえ給料安いのに、これではますます福祉の世界で働く人間は少なくなってしまう。
【2008/06/28 22:37 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(1) | トラックバック(0) |
「健康?たばこだけが狙い撃ち 全面禁煙はファシズムだ!…比較文学者・小谷野敦」
 たばこは体に悪い。受動喫煙も危険だ。そんな論調に押されて、あちこちで全面禁煙の動きが加速化されている。飛行機、JR東日本管内の新幹線、タクシー、路上…。しかし、一方的な喫煙バッシングはファシズムのようでさえある。

 私は1日40本吸うが、たばこが体にいいとは言っていない。分煙にも賛成だ。そもそも喫煙は合法的な行為であり、食後の一服が楽しみという庶民もいる。それなのに、特に03年の健康増進法施行以来、禁煙キャンペーンは先鋭化する一方だ。私が非常勤講師を務める東大でも、図書館の喫煙室が消えた。07年3月からJR東日本が新幹線や特急を全面禁煙にした。閉所恐怖症の私は喫煙できないと心理的に不安で新幹線に乗車できない。幸福追求権などの侵害だと東京地裁にJR東日本を提訴したが、年末に敗訴した。

 タクシーの全面禁煙も進み、全国的に広がっている。しかし、酔った客がうっかり火を付けても、運転手は警察に突き出せるはずがない。あるいは路上や駅で、誰もいないときに吸う分には何の問題もないではないか。大気の汚れた東京で、たばこの煙ぐらいを問題にすること自体がばかばかしい。

 実際、健康増進法でも、全面禁煙が望ましいとしつつも分煙を認めている。それなのに何もかも全面禁煙にすることは、喫煙者を非国民扱いし排除につながる。しかも、健康に害を及ぼすものはほかにもいろいろあるのに、たばこだけが狙い撃ちされている。

 たばこの箱には「喫煙は、肺がんの原因の一つとなります」などと目立つように書いてある。しかし、お酒の瓶には「飲みすぎると肝臓をこわします」とは書いていない。自動車事故で死亡したら原因は100%車にあるが、肺がんで死亡しても、たばこはまさに「原因のひとつ」でしかない。
 
「東京大気汚染公害訴訟」では、原告のぜんそく患者らは国や都とともに、自動車メーカーにも損害賠償を求めた(昨年8月、提訴から11年ぶりに東京高裁で和解)。それなのに自動車の害は声高に叫ばれない。

 怖いのは、全面禁煙という極端な決定が、大した議論も起こらないまま進んでいることだ。ふだんはバランスを取るはずの新聞報道でも、喫煙派のコメントはほとんど載らない。人は誰でも長生きできるわけではない。「国民の健康」を大義名分に個人の自由な活動に圧力をかけることは、ファシズムにほかならない。ナチスもまた健康を守ることに熱心だった。
 全世界の動きが、特に健康に関してはナチスドイツを支持しているようだな。やりたいことを止めて、それで逆に精神を病んで何が健康だって。馬鹿馬鹿しい。

 アルコールについてはこのような規制はないよね?でも、精神病院にアルコール中毒患者が蔓延しているよね?喫煙者は中毒扱いですらないし。飲酒運転は罰せられても喫煙運転は問題ないよね?

 健康に悪い物は色々ある。でも、その中の一つだけを抜き出して、議論もせず(鹿児島弁で言うところの「議もいわせんで」)極悪扱いするその幼児性が気にくわない。それだけ。

 ま、酒もタバコも嗜まず、賭け事もせず、女遊びもせず、趣味は健康だけ。こんなロボット、おいらは絶対なりたくない(おいらは体質的に酒は駄目だけどな)し、それを押しつける国の「健康増進法」なんて悪法そのものだ。介護保険法以上に。
【2008/02/11 23:43 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「クレージークレイマーってゲームが昔あってね・・・ってそれはクレージークライマー。」
 近年、クレーマーといわれる人々が増えている。「お客様は神様」という言葉に象徴されるような顧客第一主義の裏をつき、消費者の権利を振りかざして強硬な要求をつきつける。

 ある学校ではクラス替えの際、「うちの子は自己紹介が苦手です。自己紹介するんだったら、始業式の日にはうちの子は行かせません」と言ってくる母親がいた。理不尽な保護者に悩まされ、自ら命を絶つ教育者もいる。

 07年3月に恐喝罪で逮捕された広島市在住の男は、なんとクレーマー行為で生計を立てていた。会社を辞めてクレーマーとして食べていこうという発想、また実際にそれで2年も暮らせたという事実が、社会全体が異常な方向に進んでいることを如実に表している。

 トイレの漂白剤でトイレの壁紙を拭いてしまい、壁紙が変色したと怒鳴り込んでくる客。常識的に考えれば色落ちするのはわかりそうなものだが、この客は「壁紙を掃除してはダメだとは書いていない」と主張し続け、納得しない。

 「ブランデーの中身が梅酒になっている」。ある酒造メーカーにはこんな常識はずれのクレームがあった。酒造メーカーでは「他の家族が空き瓶に自家製の梅酒を入れたが、怒り具合に言うに言えなかったのでは」と考えた。事実、次回訪問すると態度が急変していたという。

 「魚が生臭い」。こんなクレームも増えている。普段は切り身ばっかり買っているからだろうか。それが魚本来のにおいである。この調子では近い将来、「ニンニクが臭い」とか「ワサビが辛い」といった苦情が出てこないか心配になる。

 おカネを支払っているだけで、まるで王様と家来のような主従関係を結んでいると勘違いしている人もいる。あるホテルでは、初めて訪れたホテルなのに、「他のホテルではわざわざ言わなくても自分に合った客室が用意される。ここのホテルはなんでできないんだ」と怒りだし、延々と説教し始めたお客がいた。確かに、高級ホテルでは常連客に対しては好みやニーズを事前に察知したサービスを提供している。しかし、常連であるいつものホテルと比較してクレームをつけられても、当該ホテルにとっては初めての宿泊なので、どんなに努力しても事前に好みなどわかりようがない。

 ある小売業では、お釣りをもらい、手を握りたいがために何度も買い物をし、しつこく女性店員につきまとう客がいた。女性を別の地域の店に配置転換しても現れたという。

 企業にとって恐ろしいのは、クレーム処理の仕方を間違えると、そのお客からそっぽを向かれるだけではなく、不特定多数の顧客にマイナス情報が知れ渡ってしまう可能性も孕んでいることだろう。特に昨今は、消費者がインターネットという道具を手に入れたことで、そのリスクは格段に高まっている。

 「お宅さんみたいなのはね、お客さんじゃないんですよ。クレーマーって言うの!」という言葉で2ちゃんねる上で祭りになった「東芝クレーマー事件(1999年)」は、いまだに語り草になっている。

 だがその一方で、クレームを「天の声」や「宝の山」としてとらえ、サービス向上や次の製品開発に役立てている企業もある。「クレームは顧客満足を高めるチャンス」と考えクレームを厭わない高級ホテルチェーンの「ザ・リッツ・カールトン」や、「中身の詰め替え時に手が汚れる」といったクレームから新たな製品提案に結び付けている小林製薬などだ。これらの企業は、クレームをじつに大切に扱い、そして利益へ結び付けるためのシステムを構築している。
 魚が生臭いのはあなたの嗅覚がまともである証拠です。つーか、当たり前のことをどうして文句言うかねぇ。日本も欧米化してきた、と言うだけのコメントで終わらせる問題ではなさそうで。

 なんかね、昭和終了してから、こういった常識知らず(常識破りで良くなるなら奨励するが)がどんどん増えているような気がするのよ。モンスターペアレント(なんか言葉面が良いから、もっと言葉面悪い恥ずかしい言葉ないのかね?暴走族=珍走団みたいなの。例えば珍爆親みたいな)にしろ、モンスターペイシェントにしろ。

 おいらのブログでも「ごね得は許したくない」ということをよく言っているけど、ごね得がまかり通り、まともな意見が潰されるのであれば、それは社会としてはおかしい。わがままで生き抜けていける社会はあってはいけないんだ。ごね得を変形したものがオレオレ詐欺やネットワークビジネスだ、と思うから。センスのないクレームは相手がどう突っ込んでも門前払い、これが基本的スタンスで良いと思う。センスのあるクレームだけを取ると、利益になるんだろうね。

 こういう強いことを言い、ごねる人間は実は気が弱いし、頭の中身も弱い。正論で突っ込めば破砕するぐらいだと思うから、こういうクレームに負けないで欲しい。クレームで死んだらそれは労災だし、それを与えたモンスターどもは殺人罪だ。
【2008/01/22 18:44 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「心の病、休職教職員の61% 鹿県内は78人、65% 82%は30-40代」
(2007-12-29の記事)←記事が追いつくまでは、しばらくはこの日付は付くと思う・・・orz

 2006年度に病気で休職した全国の公立小中高校などの教職員は、前年度より638人増えて7655人に上り、このうち、うつ病など精神性疾患による休職は61%を占める4675人(前年度比497人増)だったことが28日、文部科学省の調査で分かった。いずれも過去最多を更新した。

 鹿児島県内で2006年度に病気休職した公立小、中、高校、特別支援学校の教員は、前年度より7人少ない120人だった。このうち、うつ病など精神性疾患による休職は78人(前年度比3人減)で、全体の65%を占めた。内訳は、小学校60人(精神性疾患35人)、中学校40人(同28人)、高校12人(同9人)、特別支援学校8人(同6人)。30代と40代が92人と多数を占め、うち精神性疾患による休職者は合わせて64人で精神性疾患全体の82%にのぼった。

 06年度に懲戒処分を受けた県内公立校の教職員は7人。教員によるわいせつ事件が相次いだ05年度より6人少なかった。飲酒死亡ひき逃げ事故を起こした県立高校教諭、下半身を露出し公然わいせつ罪で逮捕された県立高校教諭ら2人が懲戒免職になったほか、停職3人、減給1人、戒告1人だった。

 未履修問題に関しては、岡積常治県教育長が懲戒戒告、県立四高校の校長、県教委担当課長ら6人が文書訓告を受けた。
おいらの場合、両親が学校の先生だったと言うこともあり、「何で先生じゃないの?」と良く聞かれるんですけど(つーか、公務員は世襲制じゃねーだろ?)、こういう事態が来ると言うことを予測していた、と言う面もあるんですよね。小学校時代、何人も先生が精神を病み、退職していく姿を見てきているからねぇ。

 今のように、学校にすべて任せず、親が口を出しまくるわ、子供もその事情を知っていて教師に文句を付ける、と言う状態ではねぇ。そりゃ、先生達も精神病むわ。更に県教委の指導も厳しいようだし(だから南之郷中のあの事件は起こった。あれは人災)、教職員に未来はないな。現状では。

 でも、将来はこういう流れが福祉の世界にも現れそうな予兆があってね。今から対策をある程度立てておかないといけないのもまた事実。精神を病む福祉職員もかなり多くなることも実際予想しています。もっとシステム的に改善する必要性はあるよね。

 大体、仕事上の理由で精神を病む、と言うこの事実はおかしいだろうが。
【2008/01/22 14:54 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画」
ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。

 物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、27日に上映される。映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。

 物語では、画家を夢見る少年ネロが、放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさまよった揚げ句、一度見たかったこの絵を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。
 この話、面白いことにほぼ同じ日に「非国民通信」様と「内科開業医のお勉強日記」様という、おそらくここでしか同じページでリンクされていないという全く毛色も趣旨も違う二つのブログで話題にされていたのにびっくり。フランダースの犬って話は、小さい頃に見たり、なつかしアニメの番組で取り上げられる機会が多いから、目立つんでしょうけどね。

 滅びの美学ねぇ・・・日本人特有の浪花節というのがまさにこれですかね。同じ面で一般の人々が共感できる事件が未だに大量に記録として残っている現実がありますからね、日本の場合。新撰組とか、西郷隆盛とか、豊臣秀次とか。そのどれも、都市伝説としてそれに関わる人間が生きていた、と言う噂があったということでも共通項があると思います(豊臣家の墓が実はうちからそう遠くないところに存在します。滅亡せずに島津家を頼って逃げてきたんだと)。強者に滅ぼされた人間をひいきするのが好きなんだよね、多分。結構和製ファンタジーやRPGの中にもそう言うプロットって存在しているのを考えると。

 ただそれであれば、今の日本人の感覚とは少しずれてきているのかな、とも思います。今は弱者排除し、強者だけ生き残ればいいという社会だし、こういうシチュエーションの人間を門前払いするのが役所としてのスタンダードだから。

 結局ごねたものが得をするのに、ネロのように黙って天に召されるのが美学だ、と建前上教えられているうえ、刷り込まれているからねぇ・・・負け犬、というよりは、文句も言わず黙っている方がやりやすい、と言うことなのかな。それが良い社会かどうかは別として、自分は嫌だ。と言うか、それで良いならこのブログ自体無いだろうって。

 俺がネロだったら?そのまま死ぬことなんか絶対選ばない。
「・・・教会で死にかけていたネロだったが、たまたま通りがかった神父に救われた。しかし、パトラッシュだけは天に召されてしまった。目が覚めてそのことを効き、慟哭するネロ。心の奥に何らかの誓いを立て、必死に勉強。航海術を学び、オランダ船に乗り日本へ。

 その航海の際に財宝を発見したり、日本の特産品を売買したり、でコゼツの旦那すら見たこともない大金を持ち、20年後、村に帰ってきたネロ。そんなネロに媚びる村人達。もちろん、あの風車の事件のことなんか何もせめることもなかった。それより人格者であったネロに村人すべては謝罪し、すべてが丸く収まったかのように見えた。小高い丘に豪邸を造り、一人で暮らすネロ・・・。しかしある日、風車にくくりつけてあったハンスの惨殺死体・・・」つーか、これ以上は無理です、ごめんなさい。かなり過激な復讐ストーリーになりそうだ。

 あと、この小説を書いた人間は本国人では無い、と言うのも実はポイントだったりする。ベルギーやオランダとは昔から仲の悪い(オランダの妻、ってどういう意味?それだけで分かるだろ?)イギリスの作家が作ってるんだから、こう言う悲劇は逆に書きやすかったのかもしれないね。関わる人間悪人にし放題。

 耐えるだけじゃ人間心に風邪をひいてしまうんだが、それが美学かねぇ・・・今の自分には理解できん。と言うか、介護職のみんな、あんたらも同じ事が言えるんだぜ。
【2007/12/29 23:13 】
| 大草原の小さな家症候群 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ