[PR] 占い
「個人的にはドラえもんもポケモンもコナンもなくなっても困らないしw」
〜少年サンデー:「ガッシュ」問題で読者に“謝罪” 作者とは「今後は法廷で」と全面的に争う姿勢〜

 「週刊少年サンデー」(小学館)に07年まで連載されていたマンガ「金色のガッシュ!!」の作者、雷句誠さんが、原画を紛失されたとして、小学館を相手取り、東京地裁に330万円の損害賠償訴訟を起こしている問題で、同誌編集部は13日までに、公式サイトに読者への謝罪文を掲載した。「読者の皆様へ」と題され、「ご心配をおかけして申し訳ございません」などとしている。しかし、雷句さん側の主張については、「事実とは考えておりません。今後は、法廷で当方の考えを明らかにしてゆくつもりでおります」と、争っていく姿勢を示した。

 「金色のガッシュ!!」は同誌に01年から連載され、コミックス32巻で累計2200万部超を販売し、テレビアニメや劇場版にもなった。訴えによると、雷句さんは小学館側に原画を貸していたが、連載終了後にカラー原画など5枚が紛失していることが判明。小学館側は原稿料(1枚あたり1万7000円)の3倍の賠償額を提示したが、雷句さん側は「原画には美術的な価値がある」として、330万円の損害賠償を求めている。

 雷句さんの提訴以後、「快感フレーズ」の新條まゆさんや「バクネヤング」の松永豊和さんらかつて小学館でマンガを発表していた作家が相次いでブログやホームページなどで、同社の体質を問う日記や小説を発表するなど、混乱が続いているが、小学館では「読者の皆さんに心配させてはいけないとの判断で掲載した」と説明している。
 雷句氏が、小誌の独占インタビューに応じた。
「編集者が打ち合わせに遅刻するのは日常茶飯事です。よかれと思って誤植を指摘したら、逆恨みされてブツブツ文句を言われたこともあります」
01年1月から昨年12月までの約七年間の連載期間中、「ガッシュ」の担当になった編集者は計五人。
「遅刻がひどかった担当は、作家を何人かかけ持ちしていた。何の連絡もなしに1時間以上も遅れてきたときには、『○○先生が予定にない打ち合わせをはじめた』と大御所の名前を持ち出して言い訳。指定された日時までに必死で仕上げたカラー原稿を取りに来ないので電話をすると『いつでもいいだろ』って。頭に来て怒鳴り上げたら、なぜかマスクをつけて現れて『すいません、風邪引いてまして』ですからね」

 打ち合わせで思いつきのストーリー展開をゴリ押しする編集者もいた。
「毎週18ページをこなすのは、かなりきつい作業です。それでも主人公のいい表情が描けると、気持ちがスカッとするんです。それがつまらない展開を押し付けられると、何でこの場面でこのキャラはこういう行動に出るんだ、何でこんなつまらない表情をするんだ、と一気に苦痛になってくる。後で分かったのですが、この人は登場キャラクターの特徴を誤解していた。担当なのに漫画をちゃんと読んでなかったのです」
(略)
 またある担当者は、自分が抱えていた新人漫画家を、雷句氏のアシスタントに連れて来た。ところが─。
「その編集者がアシスタントにかけてくる電話は、いつも怒鳴り声。寝ているときに電話を受けたら、『何でてめえこんな時間に寝てるんだ』と言われたらしく、真剣に悩んでいました。
 冒頭の「死ね!三流漫画家」の標的は、かつて雷句氏のアシスタントを務めた若手漫画家だった。一本立ちして初の週刊誌連載で、張り切っていた矢先の出来事だ。担当は同誌の名物編集者だと言う。

 この若手がふり返る。
「他にも作家を抱えていた担当者は『お前と打ち合わせしてる時間はねーんだよ。この通り描いとけ。』と毎週ストーリーをファックスしてきた。展開がおかしくなったので一度『嫌です』と反発したら、このセリフです。
結局、収拾がつかなくなって、連載は不本意な形で終了しました」
 漫画も日本の世界に誇れる文化である。で、その漫画界も「原作を作る作者は蔑ろで、単なる中間搾取者である編集者がでけぇ顔している」わけだな。アニメも漫画も、ゲームも所謂「ヲタクが作ってヤクザが売る」構図は変わらないようだ。もちろん、こんな編集者ばかりではない、とは思うんだけどね。個性の強い元週刊プロレスのターザン山本とか、BURRN!の藤木君とか言う目立つヒールではないだけに、突っ込みどころが・・・とも思うけれど、何でこういうコンテンツの作者の立場って弱いんだろう?いつも疑問に思うよ。

 同人活動していた時期もあるので疑問に思うんだが、編集者っていったい何をやっていて、偉そうなんだろうね?全部やっている同人の場合、こんな偉そうな状況はないし。ストーリーを作者と一緒に考えるタイプの編集者もいるのは事実だが、それ以外でも・・・社会人としては、収入が彼らの1/10で喘いでいる介護従事者の方がまだまだまともだぞ。以上の記事を見ていると。高学歴だから社会人として優秀、でないのはキャリア官僚見て分かっているからさ、真似しないでくれる?たかが編集者が。まぁ、個人的に言えば小学館系の漫画ではまったものはほとんど無いからなぁ。「プロレススーパースター列伝」ぐらい?その他の漫画で面白い、と思ったのは・・・出てきませんねぇ。

 作家を蔑ろにした報いは甘んじて受け入れるべきでしょうね、小学館は。 

 ただ、この状況は、介護従事者にも繋がるものではないのかな?「厚生労働省が介護従事者を軽く見始めたら、日本の高齢者福祉は終わります!」ってね(既に見られているのが悲しいが)。そうならないように考えていくためでもあるんだよ、こういう話題を入れていくのも。
【2008/06/13 19:24 】
| ヲタク文化 | コメント(0) | トラックバック(1) |
「初音ミクに大殺界? WikipediaとGoogle画像検索で削除に」
 不思議なことに、悪い事というのは立て続けに起こるものだ。細木数子先生なら「大殺界」と診断するかもしれない。1度ぐらいなら受け流せる凶事も、2度3度となれば気分がしおれてしまうもの。そんな人生の荒波を乗り超えてこそ、立派な人間になれるのだ。

 バーチャル歌手ソフト「初音ミク」は、TBSのバラエティ番組「アッコにおまかせ!」でひどい扱いを受けてネットで大騒ぎになったばかりだけれど、どういうわけか、またもや妙な事件が立て続けに起こっていた。まずは16日、Wikipediaの初音ミクに関する項目が削除されていた。削除はいたずらなどではなく、記述が著作権侵害に当たるとされたためだ。項目を最初に作成した人が、初音ミクの公式サイトから、引用元の表記をしないで文章を転記していたのだ。発売元から、転載許諾と削除取り下げの申し出があるものの、いったん項目を丸ごと削除して、書き直す方向で決着しそうな雰囲気だ。

 もうひとつ、Googleで「初音ミク」と画像検索しても、肝心な画像がまったく出現しない現象が起こっている。17日夜あたりに発見されたこの現象の原因は不明。生まれてからたった1カ月半ほどで「大殺界」まで経験するとは、初音ミクの成長は早すぎる。2件が立て続けに起こったために、ネットユーザーの中には「これは電通の陰謀」などと熱心に主張する人も現われている。その根拠としては、TBSが電通と関係が深いといわれている、「アッコにおまかせ!」を制作しているホリプロ所属のバーチャルアイドル「伊達杏子」を電通が押しているらしい、といったことが挙げられているようだ。こうなるともう、筆者の理解を超えてくる。
「初音ミク」Google八分事件あらまし(随時更新)

※電通がホリプロと組んで売り出したバーチャアイドル「伊達杏子」なるものが全く売れなかったが、最近、セカンドライフ上にて「伊達杏子」を復活させる動きを見せていた(J-castで報道済み)
 ※注:J-castはさらに「陰謀説」を否定する記事を配信した(10月19日記事)

※TBSとホリプロの和田アキコを使って「初音ミク」のネガキャンが行われた(印象操作)。必然的にその番組は問題になり、ネット上で大きな議論を呼んだ。

※Wikipediaの「初音ミク」の項目を削除させようとする不自然な動きが起こり、実際に行われた。(編集合戦の後削除依頼により項目削除、復活、削除の後現在復活したが編集履歴を証拠隠滅)一方「伊達杏子」の項目は保護依頼により保護されているという入念さ。

※Google検索、Yahoo検索で「初音ミク」の画像検索が出来ない、あるいは結果が別画像に差し替えられた。「伊達杏子 復活」画像検索で最初に出てくる「初音ミク」商品画像も、「伊達杏子」画像に差し替えられている。「初音ミク」の商品画像、および「DTMマガジン11月号(初音ミクが表紙の特集号」にいたってはJANコードで検索しても、画像が別の物に差し替えられるという念入りな操作の形跡がある。

※現在Googleから、2chの「初音ミク」スレのキャッシュが抹消されている模様(亀田関連も)

※Google検索の不自然な操作のクライアントはどこかということが現在の焦点
 疑われているのは

TBS・・・「亀田 反則」などの画像も検索結果操作されていることから疑いは濃厚
電通・・・「伊達杏子」というヴァーチャルアイドルの商売敵である「初音ミク」潰しの可能性。またTBSの株主でもあるので、この両社の行動は密接に関わってる可能性もある

Google・・・ニコニコ動画潰しのために自主的に操作を行ってる可能性はある

※なお、このような背後を検証する書き込みを行うと、火消し工作員が大量にやってくる。クライアント企業から話題をそらすための話題そらし、的外れな中傷などが大量書き込みされる。(例:「オタきもい」「陰謀厨(笑)」など)
 どうなんだろうねぇ・・・電通やTBS等のマスコミとしては、こういったソフトは自分たちの利益に繋がらないから、関わりの深いgoogleに頼んで・・・と言うことなのかもね、と言う意見があったけど、意外と的外れじゃない気もして。

 特に電通、あの会社は日本の情報(インフォメーションの方ね)を捜査する傾向が強く、またそれに騙される老若男女が多いんだわ、全く・・・。ヲタク叩きもその一環?

 日本の文化を歪曲するのがマスコミの仕事なら、そんな仕事はいらないと思うけどねぇ。こんなことにかける金があるのなら、恵まれない介護従事者に配って欲しいぐらいだ。

 さぁ、悪口は書いたぞ。火消し隊がここに現れるかな?この件、続報は続けていくよ。
【2007/10/19 23:01 】
| ヲタク文化 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム|