[PR] 占い
「理由?ヤクザにみかじめ料払うのと同じだからさ」
〜福祉第三者評価、浸透せず〜

 福祉施設のサービス内容を第三者機関が評価する「福祉サービス第三者評価制度」で、富山県内の審査実績が1割未満にとどまっていることが、7日わかった。制度は2005年1月から始まり、すでに3年以上経過するが、10〜30万円の費用が、敬遠される一因とみられている。「福祉サービスの質の向上」という制度目標に向けての課題が浮かび上がった格好だ。

 県厚生企画課によると、審査対象となる施設は特養ホーム、保育所など現在36種計1648か所あるが、実際に審査を受けて結果を公表したのは3年間で計147か所と8・9%。

 審査を受けない理由の一つが審査費用の負担。平均的な審査費は10人が通うグループホームで10万円、100人が入所する特養ホームで30万円。受審していない県西部の保育所の女性園長は「審査費が大きなネック」と打ち明ける。

 こうした現状を踏まえ、全国には第三者評価の費用に補助制度を設ける自治体もある。全国社会福祉協議会(東京都)によると、60万円を上限に全額を補助する埼玉県や、1法人5万円を補助する熊本県など、12都府県が補助制度を導入。同協会は「補助制度導入で利用率が上がっている」としている。しかし、本県には補助制度はなく、県は「第三者評価制度は、施設の自主的な取り組みなので、判断は任せたい」として補助制度の導入は考えていない。

 富山短大の宮田伸朗教授(社会福祉学)は「利用者が客観的な基準でサービスを選べるためにも、施設は第三者評価を積極的に受けてほしい」と話している。
 で、逆にこの第三者評価って何の得があるわけ?おいらもこの評価については何度か参加したこともあるけどね、後々来た評価は(ああ、あの人達は真実を見る目は全くないんだな・・・)と言う感想のみ。それで10〜30万円も払うのがどんなに馬鹿らしいことか(30万あればハイエンドクラスのPC組めるって)。しかも、この第三者、ってのが天下り関連だったり、第三者評価のための攻略ムックも発売されている事実を考えると、これははっきり言って「厚生労働省が新しい商売を作った」としか思えないんです、おいらには。

 この評価は、ヤクザのみかじめ料と意味合いは同じとしか思えない。違うのはヤクザからの営業妨害があるか、厚生労働省からの妨害があるか、の差だろう。こんなことに使う金なら、利用者のレクリエーションや行事費に使う方がどんなに有意義か、と思います。

 逆に福祉系お役所をおいらが第三者評価するのはどうだい?下手な評価員より細かくチェックするからさ?どう?
【2008/04/08 22:41 】
| 高齢者の環境 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「名前なんかでクズのような法律の中身は代わらないんですが・・・」
〜「後期高齢者」やめます 長寿医療制度に急きょ名称変更〜

 厚生労働省は1日、この日にスタートしたばかりの75歳以上を対象とする「後期高齢者医療制度」の名称を「長寿医療制度」に変更すると発表した。スタート初日に、制度の名称が変えるのは極めて異例。ただ、周知期間がないままでの変更だけに2つの制度があるかのように誤解される可能性があり、新たな混乱が起こりそうだ。

 急遽(きゅうきよ)変更となったのは、「75歳以上を後期高齢者と呼ぶのは失礼」などといった世論の批判を受けて、福田康夫首相が同日の閣僚懇談会で舛添要一厚生労働相に変更を指示したため。厚労省は「長寿医療制度実施本部」も設置し、制度や名称変更の周知、相談体制の強化を図るとしている。

 後期高齢者医療制度をめぐっては、高齢者に「負担増につながる」などの不満の声が強く、野党4党は今国会に廃止法案を提出した。名称変更や実施本部の設置はこうした批判をかわす狙いがあるようだ。

 厚労省によると、「長寿医療制度」はあくまで通称で、公式文書などには引き続き「後期高齢者医療制度」も使用するという。ただ「突然の上からの指示だったので、使用基準は決めていない」(幹部)というドタバタぶり。

 後期高齢者医療制度については、3月には2億5000万円もかけて政府公報を配布したばかり。あまりに場当たり的な対応に、野党は反発を強めている。
 で、質問。名前を変えればその法律は良くなるのかい?前も書いたけど、この法律はどう考えても貧乏な高齢者は死んでください、的なものなだけに、名前を変えればいい、と言う結論はどうかねぇ・・・

 で、この法律の馬鹿さ加減を話してくれているか違いましたので、ご参考までに。

〜長寿医療制度 ― 急変は月末にお願いします?〜
 後期高齢者医療制度はイメージが悪いので、明日から「長寿医療制度」と呼ぶことにします。満75歳以上を対象とした新しい医療保険制度の仕組みがスタートした4月1日の夜、厚生労働大臣は「この呼称で周知徹底を図りたい」と言った。

 後期高齢者医療制度は、積年の課題であった“老人医療費の削減”に向けた第一歩として、2007年制度改革の柱として導入された。新制度の詳細は「医療費削減を担う高齢者の『財力』と『体力』(基礎研Report2007.10)」に譲るが、特徴としては、
(1)年金天引での保険料徴収
(2)新制度用の診療報酬の適用
が挙げられる。

(1)に関する問題は多くの報道でも取り上げられ、年金給付に関する社会的不安が一向に収まらない中で医療保険料の天引がスタートすることを、「年金給付の後始末はちょっと待ってね、でも、もらう方はキチンともらうよ」ということか、と批判されている。しかし、問題は(2)の方が大きいかもしれない。高齢者がこれまでと同じように医療機関にかかることを難しくする項目が多く導入されるからである。

 そのことを端的に示す項目(点数)が「後期高齢者診療料」である。これは、糖尿病や高血圧性疾患などの慢性疾患の高齢者を外来(通院)で診る場合に、診療所がその高齢者の医療給付として受け取る対価である。1人の高齢者について月6,000円(患者負担は1割の600円)で設定され、診療所は6,000円の中でほとんどの医療(診療計画の作成、療養指導、検査・レントゲン・処置)を賄わなければならない。

 問題は、この点数に、「高齢者1人について1つの診療所にしか適用されない」、「急変があっても同月内の医療は全てこの対価の中で評価される(出来高評価への切り替えは次月から)」というルールがあることである。これは、何を意味するのか。 ――― 悪い面だけを挙げれば、「複数の病気があっても、75歳以上になったら行きつけの診療所を一つ決めて、そこに行きなさい」、「一つ決めた診療所以外にかかったら、そっちでも新たに6,000円以外のお金がかかりますよ」、「もし急変しても、診療所は6,000円を超える分の医療を提供できないから治療は来月まで待ってね」ということである。

 地域医療を担う診療所は、赤字覚悟で6,000円を超える医療を提供し続けることはできないだろう。診療所の本音としては、「今月は6,000円の定額評価の月だから、急変は(評価方法が切り替えられる)月末にお願いします」という感じではないだろうか。

 このような仕組みは、医療経済で言うところの無駄の排除なのだろうか。この事実を知る高齢者・国民はいったいどれだけ存在するのであろうか。長寿医療制度に看板替えしたら、これらのルールは本当に周知徹底されるのか。今求められているのは、呼称変更によるイメージアップではなく、高齢者に対する「丁寧な説明」であろう。
 介護保険やその改正でもそうだったように、国は「どんなにその法律を使う国民が不利になろうとも、始めたもん勝ち」の精神で突き進んでいるようだ。このお粗末な法律、いや、法律ともいえねぇな、国民虐めが堂々とまかり通るこの国っていったい何だろうなぁ?世界最強の医療福祉政策をやっているキューバのカストロ議長の爪の垢でも煎じて飲んでみろや、このへっぽこ役人ども。

 年金4万円クラスの人間は首をつれ、と言う厚生労働省の役人ども・・・国民の質素な生活よりも、自分らが税金をため込んで将来の悠々自適の生活の方が大切なわけですね。何度かこのページを見ているようですけど、おいらは何も間違ったことは言ってないですよ。あんたらの頭の中が間違っているだけでな。
【2008/04/04 21:22 】
| 高齢者の環境 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「ねんりんピック 成功へ“噴”闘誓う 事務局仕事始め」
(01/05 07:41)

 鹿児島県庁で4日、「ねんりんピック鹿児島2008」(第21回全国健康福祉祭かごしま大会)県実行委員会事務局の仕事始め式があり、職員25人が出席した。マスコットのさくらじまんも参加し、「本番まであと295日」と、大会成功を目指し、職員らと“噴”闘を誓い合った。

 同大会は60歳以上の高齢者を対象とした祭典。鹿児島大会は10月25日から4日間の日程で、県内13市町などでスポーツ・文化競技25種目が開かれる。

 大会には県内外からのべ50万人の参加が見込まれており、灰床義博事務局長は「心からのおもてなしで歓迎し、NHK大河ドラマ『篤姫』とも相まって温泉、自然、食などの本物・鹿児島県を情報発信したい」とあいさつした。
 うちの職場にも、またうちの家族にもこのねんりんピックと関わる人間がいるので、何らかの協力は必要なのかな、と思いつつ。

 良いことなんだけど、相当の金が見えないところで動くんでしょうね。特に今年は大河ドラマも鹿児島関連なだけに。観光客の大幅アップを目指しているんでしょうが。

 もっと大きく集客を見るのであれば、国際イベント誘致の方が良いような気もするが。鹿児島市街地でのフォーミュラーレースとか、WRCとか・・・無理?
【2008/01/22 16:08 】
| 高齢者の環境 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「高齢者の犯罪が大幅増 10年前の3・5倍に」
 刑法犯の認知件数が減少する中で、65歳以上の高齢者が起こす事件が増加している。万引から暴行、傷害、さらには強姦(ごうかん)まで多岐にわたり、警察庁も「高齢化が進行したにしても多すぎる」と首をかしげている。

 総務省の統計調査によると、今年9月時点の65歳以上の高齢者は、2744万人で、10年前の平成9年より39・2%増えた。

 一方、警察庁によると、今年1−11月に刑法犯で摘発された65歳以上の高齢者は4万4928人。10年前の1年間と比較すると3・5倍にもなった。昨年の1−11月と比べると4・5%の増加だ。

 今年の摘発者数を犯罪ごとに10年前の1年間と比較すると、殺人は111人で18%増だったが、強盗は98人で3・8倍、傷害は4・4倍の1038人に上った。

 万引の2万3868人は10年前の3・0倍。最も増加率が高いのは暴行で、16・9倍の1705人が摘発された。

 今年、性犯罪で摘発された高齢者の人数はまとまっていないが、昨年1年間の強姦の摘発者は17人、強制わいせつは135人で、それぞれ9年の5・7倍、3・5倍となっている。
 毎度おなじみ非国民通信様のブログにこの件が載っていて、彼は「高齢者が絶望しているのかも知れません」と言っていますけど、まさにその通りじゃないかな。今彼らの置かれている社会保障、と言う面では、現在は最悪に近い状況であり、更にその周りで働く人材も国家からの虐待に近い報酬でしか働けない状況だからねぇ。

 更に付け加えるのであれば、何か犯罪を起こして刑務所にいれば、衣食住は全部完備されている、という点。今生活保護ももらいにくい状況だし、年金の10%以上介護保険に持って行かれるケースも存在している。それこそ自分が担当していた高齢者にもいましたよ、今にも崩れそうな一軒家で独居とか、倉庫を改造した家に夫婦で住んでいる、とか。これなら刑務所の方がまともだな、と言うケース、実際多いです。それを考えるとねぇ。未来があるからそんなことはするな、と言う説得は効かないわけだから。

 絶望を直接厚生労働省にぶつければ少しは変わりそうなんだけどね。
【2007/12/23 22:38 】
| 高齢者の環境 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「イオン鹿児島 3連休で28万人、周辺で渋滞も」
 6日に本格開業した鹿児島市東開町のイオン鹿児島ショッピングセンター(SC)は、8日までの3連休の来場者が28万人(イオン九州発表)となった。予想を8万人上回ったが、同SCは「開業時のピークは超えた」とみている。

 核店舗・ジャスコは生鮮食品や秋物衣料品の売り上げが伸び、計画の130%となった。170の専門店街も好調だった。同SCは「家電量販店など単価の高い商品を扱う店はないが、店ごとの売り上げに濃淡がなく、全体を押し上げた」と分析している。

 3500台の駐車場は7、8の両日、ほぼ100%の稼働率となり、昼すぎからは臨時駐車場(1000台分)で対応した。

 同SCによると、来場者が施設内で過ごす時間は約1時間20分。シネマコンプレックス(複合型映画館)などがある他県のSCと比べると短い。午後8時以降の来場者が多いのも特徴という。SC出入り口全8カ所に機械を設置し、来場者を計測している。

 SC近くの県道(産業道路)周辺は7、8の両日、一部で渋滞した。県警によると、7日午前11時から午後8時、鹿児島市東郡元町から鹿児島南署前まで谷山向けが、8日午後零時から午後5時、同区間でいずれも最大約3.5キロ渋滞した。この区間は通常、休日ではあまり渋滞は見られないという。
 すいません、おいらも7日に家族で行きました(長男はじいさんばあさんと奄美の従兄弟の家に行ってたので参加しませんでしたが)。

 鹿児島初の本格的なショッピングモールで、なかなか良いじゃん、と言うのが第一印象。行ったのが夜だったので、少ないかな、と思ったがさにあらずで、結構混み合ってました。夕食はバイキングで、その後店内をふらふら3人で回ったのですが。

 高齢者のことを考えているのか、あらゆる所にベンチが設置されているのにはびっくりしました。鴨池のダイエーにもあるけど、ここまではないから。夜だというのに、そう言うベンチで休んでいる70代のおばあさまが多いのにもびっくりしたけどね。

 この近くには、いろはの湯という温泉施設(入湯料¥360)もあるので、高齢者のドライブを兼ね、いろはの湯で入浴し、イオンで食事&買い物という行事を立てることも出来るな、と嫁と話してたら一言
「・・・職業病!」
・・・確かにな。

 でも、欠点も見えないわけではない。扱っている食材が鹿児島の地のものが少ないのは気になりました。その面ではまだまだニシムタやタイヨーに分があるかな。あと、鹿児島県民は熱くなるのも早いけど、冷めるのも早い。6ヶ月後ガラガラで、飲食街が閉店だらけ・・・ありそうで恐いんですが。
【2007/10/10 22:17 】
| 高齢者の環境 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ